> 私鉄屋雑記帳 海辺のキハ20
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



海辺のキハ20
大糸線のキハ52、すっかりお別れムードになっちゃってますね(汗;
もうダイヤ改正まで残すところあと2週間ちょい。先週末は、キハ52集めてレンガ造りの車庫で撮影会やったり、キハ58を走らせたりしたそうで…便乗して大糸線の写真を!!…っと、思ったんですが、その前に。

ちょっと前のことなんですが、某JR沿線で撮影しているときに…

「そういや大糸の52、引退だってさぁ…」

「もうJRじゃあそこだけだもんな」

「そういや私鉄も…なんていったっけ、水戸のほう走ってるヤツ。あれぐらいでしょう…」

なんて、テツ同士の会話が聞こえてきました(あ、それ自分だわ…って方いたらスイマセン^-^;)

何か忘れてませんか?
どうも関東の皆さんには馴染みが無い…というか西の方へ行っても存在が空気ですが…



水島臨海鉄道を忘れてもらっちゃあ困りまっせwww




水島ではキハ20ならぬキハ200が、平日ラッシュ時限定で走ってます。海賊版?パチもん??いえいえ、ちゃんと国鉄から渡ったクルマなんですよ。っても物凄く存在感無いですけどねwww
前々からupしようしようと思ってたんですが、気が付くともう1年近く過ぎ…今回は、去年の春休みに一畑電鉄と広電をまわった帰り、水島へ寄道したときの写真をupします。



ここのキハ達は、JRやひたちなかと違って車掌さんが乗っている点が最大の魅力です!!





ドアスイッチが各ドアの近くについてるので、車掌さんは客室側で操作します。ちょっとヘンな感じ…というか混雑時はどうするんだろ(^-^;
ちなみに三条が乗ったのは、朝のピークも過ぎた下り列車だったので、ほぼ貸切状態でしたwww
へタった紺色のモケットをしたボックスシートから、のんびりと工場を眺める…キハ20をじっくり堪能したい方は下り列車がオススメですよ~。もちろん同業者の姿も見当たらず…キハ20を独り占めできますwww マイナー万歳!!



水島臨海鉄道は水島本線と、途中で分岐する港東線、西埠頭線の3路線があります。
その名のとおり海辺の工業地帯を走る臨海鉄道で、メインは貨物輸送なんですが、本線のうち、JR倉敷駅に隣接した倉敷市駅から水島を経由して三菱自工前までの区間には旅客列車も走らせています。この手の臨海鉄道としては距離が長いことと、水島がそこそこ大きな街なので、倉敷~水島間はちょっとした都市間列車の性格も兼ね備えていたりします。地元では「水臨」とか「ピーポー」って呼ばれてるそうですよ(ホンマかいなwww)



水島臨海鉄道は殆どの区間が高架です。新しい路線なんかなーって思ってたんですが、路線自体は戦時中に開通した軍の専用線だったそうなので、結構古いんですね(^-^;
旅客列車の走る区間を沿線で撮る場合、地上区間は倉敷市~球場前か、浦田付近しかなく、なかなか難易度の高い路線だったりします。



浦田付近。沿線で開けてる場所はココぐらい…
手前の畑は、時間になると自動で(?)水を撒く噴水のようなものがあって、タイミングが悪いと写真見たく視界が霞んでしまうことも…まぁ、これはこれで絵になるかなーと(^-^;



水島駅。写真左手へ別れる路線は貨物専用の港東線。ここの高架は全体的にゆったりとした造りですね。水島本線は単線ですが、貨物列車が走るので交換駅も設備の有効長が長く、編成を狙うなら駅撮りの方が撮りやすいかも。



終点の三菱自工前から先…線路は倉敷貨物ターミナルまで続いています。ここも貨物メインですが、旅客列車用の車庫もあって、キハ達が乗り入れてきます。



4両あるキハ200のうち、半分の2両は国鉄色です。色を混ぜて使うことは滅多に無いそうで、水島色×2か、国鉄色×2か、どちらが運用に入るかは運次第ですね。



なんかいるーwww

スイッチャーの後に隠れているアイツは…!?水島色が色褪せたのか…と思ったら、よーく見るとJR四国色!!
水島から四国は瀬戸内海を挟んでスグ近く。部品取り用にキープしたんでしょうね。



…さーて、そんなわけで明後日の夜はまたもジャンボフェリーですよ、っとwww
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

臨海鉄道に渋い気動車・・・
またもやツボな記事ですねw

こうして未だにJR・私鉄各社で活躍している姿を見ると
キハ20系列の優秀っぷりがよくわかりマス。

この春は西への旅も計画しているので
是非とも覗いてきたいものです。
【2010/03/03 00:27】 URL | pepe #UcusC/tg [ 編集]

Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!レスが遅くなってしまい申し訳ありませんm(_ _)m

キハ20は単行運転ができて、尚且つ性能も安定している…というワケで、非電化私鉄にはピッタリな車両だったようですね。
今でこそ、だいぶ減ってきていますが、水島や島原、茨城交通(現ひたちなか)などでは国鉄から渡ってきた純正品から私鉄の海賊版まで、まとまった数のキハ20系列が走っている(いた)ところを見ると、ホント優秀なクルマなんだなぁ~とつくづく感じます。
【2010/03/13 00:26】 URL | 三条イツキ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/379-6f4562d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)