> 私鉄屋雑記帳 京急大師線恒例行事
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



京急大師線恒例行事


今年も、この季節がやって来ましたー。大師線の干支ヘッドマークです。
近所なので、これを撮るのが毎年恒例になってますwww



シンプルなデザインですね。今年の絵柄は、この1種類のみだったようです。





定番、港町カーブでさくっと。ここ、どうしても時期的にケーブルの影が落ちてしまうんで、なるべく曇りの日が狙い目なんですが…年始の東京は例年晴れの日が多くて、なかなか上手いこといかない(^-^;
今日は曇り気味な感じで、特に夕方~日没にかけて低い雲に太陽が隠れたので撮りやすかったです。



一瞬の晴れ間…!!これは上手いこといった方←こんな感じで、本日は失敗コマも多数(汗;



1000形ばっか載せてると詐欺だ…!!って言われそうなので(笑) ↑これが今日の実態です。大師線6運用中、1000形はたったの1本だけ、残りは全て1500形天下となっていました…orz
それもそのハズ。1000形の4連は僅か2本まで減ってしまい、本線で活躍する6連も残り3本、あわせてもたったの26両…全盛期は京急の半分は1000形!なんて時代もありましたが、今や10分の一以下…。つい最近まで、ごく当たり前のように見かける電車だったのになぁ。
こう、大所帯の形式は「またお前かよっ!?」って感じで、大勢走っている頃はイマイチ好かれなかったりしますが、1000形は昔っから好きでしたねぇ。あ、あとダルマも。コイツのおかげで、関東の私鉄電車といえば片開きで3ツ扉がスタンダード、というイメージが未だにまとわり付いてます(古いですね…^-^;

来年の今頃も、兎の干支マークを掲げた1000形の姿が見られたらいいなぁ…と、願っています。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
京急大師線
はじめまして~
かれこれ一年以上前の小田急えのすい臨でご一緒したことが(苦笑)
私も昨日ここに午後行ってきましたのでご一緒していたかもしれませんね。
【2010/01/12 19:07】 URL | Ys #2oc9F3SU [ 編集]


コメントありがとうございます!返事が遅れてしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

あぁ、えのすい臨の時の方でしたか~。お久しぶりです!!確か狛江駅でしたっけ。写真を見返してみると、もうかれこれ2年前のことになんですねぇ…。

大師線は14時くらいから撮影していました。自転車で回ってたヤツが三条です(笑)
【2010/01/25 23:22】 URL | 三条イツキ #wgmg.h4A [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/370-3b02f4b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)