> 私鉄屋雑記帳 比奈の主を撮りまくる…!!
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



比奈の主を撮りまくる…!!


貨物輸送が盛んな岳南鉄道。それも今や貴重な車扱、2軸貨車がメイン。紙を運んでいるのでワムだらけなのが特徴です。それだけでも天然記念物級だというに、所属する電気機関車もこれまたスゴい。岳南の電機はED402、403号と、入換用のED501号。特に501は戦前生まれのハコ型電機…という三条のツボにドンピシャの超古典機!!…なんですが。基本的にED40兄弟がメインで動いているので、どちらかが検査だったりしない限りなかなか出番が無いようです。前回行った時も富士岡の車庫ん中に居ましたし(汗;
そんなワケで、わざわざ富士まで行ってもED501が動いていないと悲しいので…確実に501が見られるチャンス、去年の60周年記念イベントに引き続き、今年も開催された「機関車まつり」に行ってみました~。

まずは朝の吉原→比奈。イベントのチラシでは”重連”とのことですが…



貨車付いてるしー…orz

いや、このとき10名ほどの同業者さんがいらっしゃったんですが、みーんな富士山方向=後追いで構えてるんで、てっきり貨車は繋いで無い状態で重連…かと思ったんですよ(^-^; かといって進行方向に構えてもド逆光なだけだし、せっかく富士山キレイに見えてるのに、そっぽ向くのは勿体無いし…。まぁこれはこれで絵になった…かなー、と(汗;



比奈に到着した重連。入換で一旦編成をバラして…



並ばせて、撮影会に…!!



で。本日最大のメインはコイツ、比奈の主ED501号…!!
昭和3年、上田温泉電軌(いまの上田電鉄)生まれで、名鉄育ち。もう現代ではすっかり見かけなくなった古典的スタイルをした電気機関車です。









それにしても、動くわ動くわwww 機関車の「乗車体験教室」に抜擢され、お客さんを乗せたED501が構内を何往復も。いろんなアングルで撮り放題!!なんと贅沢なっっ!





何度もシャッターチャンスがあるんで、ついつい遊んでしまうwww





デッドヒート…!! すぐ隣は本線なんで、営業列車と併走するシーンも見られました。

「直線コース、”がくちゃんかぐや富士”速い!”がくちゃんかぐや富士”速い!!」…競馬かwwww



午後はプッシュプルで比奈~吉原を往復しました…が。岳南の沿線って意外と建物が密集してまして、それも工場とか一般人が立ち入れないトコも多く、なかなか撮影する場所が無いという(汗; 結局はジャトコの富士山バックになってしまいましたが、午後だと側面潰れてプッシュプルだかよくワカラン結果に…;



折り返し便も、日の向きを考えると吉原近辺しか候補地は無く。辛うじてプッシュプルと分かる…ような分かんないような写真になってしまいました(汗;
ただ、ここの跨線橋からは吉原駅構内が見渡せるので、突放の様子なんかも見ることができました。俯瞰で見るとホント模型みたいな作業ですよwww そうそう、プッシュプルの編成も往路と違っていて、地味にコキが混ざってます。芸が細かい(笑)



再び比奈。プッシュプルのあとは、402は比奈の岳南江尾寄りに移動、403は吉原へ戻りました。



この季節、夕暮れになるのがホント早いですね。イベントが終わって暫らくすると、もう陽がかなり傾いていました。燦然と輝くナンバープレート、惚れ惚れしますね*^-^*
名鉄譲りの独特の形をしたフォントは、旧型電機によく似合います。



係員さんがパンタを落としにやって来ました。比奈の主は、ここでこのまま一晩眠るようです…



うーん、渋カッコ良すぎるぞED501!次回はコイツがワムを牽く姿をゼヒ…!!なーんて、ついつい欲が出てしまいます(^-^; 平日の突放も見たくなりますねwww
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/362-ae3e2c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)