> 私鉄屋雑記帳 本牧線開通40周年記念
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



本牧線開通40周年記念


根岸です。はぃ。
ここから神奈川臨海鉄道の本牧線が、北の本牧ふ頭まで5kmほど伸びています。”かなりん”といえば、川崎地区が3路線に一日10往復以上もの貨物列車を走らせているんで、どうも飛び地の本牧はイマイチぱっとしない印象があったんですよね。そんなこんなで今まで近場のクセに(近場だからこそ?)降りて写真撮ったことは無く。通りかがりに車窓から、わータンク車だらけだーと眺めてたことは何度かあるんですが…
先月から年末まで40周年を記念したヘッドマークが付くと聞いて、これを機に行ってきました。





スイッチャーが行ったり来たり…!!
駅の南側には巨大な石油ターミナルがあって、こんなスイッチャーも活躍しています。ちょうど着いたのが朝10時頃だったんですが、貨物にとってはラッシュ時間帯(?)だったようです。ペパーミントグリーンをしたNDD56号が手前の授受線と専用線の間を慌しく往復してました。
専用線には、もう一台D50号というブルーのスイッチャーも居るんですが、この日は奥にある荷役線のあたりをウロウロしてて、こちらへは出てきませんでした…が。このまた、荷役線がホームから見みると緑地を挟んだ向こう側でして、なんというか…絶妙なチラリズム(笑)キャブの部分だけ見えるんで、ちょこまか動く姿が可愛らしくも気になるvvv オマケに軌道は複数敷いてあるらしく、ときどきタイミングが合うとNDD56とD50が同じ方向へ併走したりして…!!ホント眺めてて飽きないですwww

ちなみにD50、ウィキペには手前へ出てきた写真もあるので、日によって動きが変わるようです。



かなりんの機関車も現れましたー…が。手前まで来ない(汗;
ホームにはもう一人、本牧線の開業時から(!)長年記録されているという、年配のテツな方がいらっしゃったんですが…お話を伺うと、どうも朝の便は単機で根岸へやってきて、貨車を繋いで埠頭へ帰る…という運用だそうで、構内の入換が無いんですね(^-^; 
ホームから入換風景を撮るなら、13時の便が良いそうです。



根岸駅前からバスに乗って、本牧ふ頭まで追っかけます!
本牧線のメインは途中の横浜本牧駅まででして、その奥の本牧ふ頭までやってくる列車は午前と午後の一日2往復だけ。まわりはコンテナとクレーンに囲まれた、最果て~な雰囲気のトコです(^-^;





横浜本牧に戻ってきたDD601。貨車の入換を済ませると、一旦午後の便まで昼休憩…。



横浜本牧駅は、かなりん本牧地区の拠点。事務所や機関庫があります。



午後の便。本牧線は殆どの区間、高速道路の下を走るので、なかなかいい感じに写せるスポットが無くて…せっかく天気が良くっても、頭上は巨大な高速道路が迫る、という構図に…orz もうホント、本牧線を撮るには高速道路との戦いですねwww





返しの単機。
ここの跨線橋は、振り返るとベイブリッジをバックに横浜本牧駅が見渡せるんですが…昼過ぎ、早くも高速道路の影が伸びてきて…(泣;; 特にこの季節は、午前中の便が勝負です。
本牧線の機関車は、基本的に1日1台で運用をやり繰りしています。今朝の同業者さんによると、機関車の運用はだいたい1週間交替だそうなので、DD55用とDD60用、前後柄の違うヘッドマーク計4種類をコンプリートするには、最低もう1日必要…というワケで、ここでのベイブリッジバックを含め、なんとしてでもリベンジしたいところ(^-^;



そういえば、こんなの見つけちゃいました。機関庫のシャッターが開いてたんで、中を覗いて見ると…なんと蒸気機関車!?C56-139と書いてありますが…保存車でしょうか。
機関庫は2台分のスペースがあって、もう片方はDD601用なんだろうなーって思ってたら、意外な住人が居てビックリ(笑)
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/360-1e13d4d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)