> 私鉄屋雑記帳 お祭りの日 #2
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



お祭りの日 #2
臨港鉄道やら貨物列車ネタばかり続いたので、ここいらで紀鉄の続きを…って、もう1ヶ月近くも前の話なんですね…(^-^;
前回、タイトルに”#1”と入れてしまった以上、#2をずーっとアップしないのもアレなので。
なんとか年内に完結させました(笑)



昼過ぎから、また乗客が増えてきました。
午前中もそうでしたが、キテツさん、混雑を捌くのには慣れていないようで…朝イチの列車では、紀伊御坊駅の停車位置を何時ものノリで、前扉だけホームに掛かる位置で客扱いをしたんですが、どう考えてもドア1つだけじゃあスムーズに乗降りできるハズもなく…。
それから運賃の支払い方法。どうも当日は、イベント会場の方で西御坊~紀伊御坊間をタダで乗れる切符を配っていたそうで、これが混乱に拍車をかけてる感じでした。三条は昼間、西御坊→学門で降りたとき150円払ったんですが、その乗車券を持っていると勘違いされたのか、20円のお釣りが帰ってきたりして…(^-^;
もういっそ、この日に限って一日乗車券的なのを作って、まとめて駅で売っちゃえば多少計算が楽になっただろうに、と思ったり。

でもって、この日は社員さんや商工会の皆さん総出で対応にあたっていたようで、しっかりと制服に制帽を被った方から、私服に腕章つけただけの方まで…昔の車掌さんみたく、大きな”がま口”を持った方も居たりと、なかなか見てて面白かったです(笑)



ぴっかぴかに磨かれた西御坊方。
ほぼ南北に走る紀鉄は天気が良い場合、南を向くこちら側が常に順光になるんで、カメラに写る機会も多い…というところまで計算されていたのかどうかは分かりませんが(^-^; せめて片方の顔だけでもキレイに…という紀鉄さんの熱意が伝わってきます。





夕陽が側面にまわってきたので、真横から流してみました。



御坊15:25発、キハ603最終便は、やっぱり名残惜しくて乗っちゃいました(笑)
ちょいちょい立席が出る程度のお客さんを乗せて、2.7kmのラストラン。キハ603最後の営業列車であることを告げるアナウンスが入ったり、音楽が流れたり(ってか603、スピーカーから曲流すコトなんてできたんだw)…西御坊到着前には外からブラバンの演奏が聞こえるなー、と思って外を見ると、なんと駅前の空き地で生演奏しててビックリ…!!いろいろな演出がありました。
今回のイベントは商工会のお祭りがメイン、それも32年ぶり…ということで、何もかもが手探り、なんだけれど、けん引役の商工会の皆さんだけじゃなくて、地元の人が皆で盛り上げている感じが堪らなくいいなぁ、って思ったり。一つ一つが手作りで、人の温もりというか…こういうの、都会じゃまず真似出来ないだろうなぁーと。
そしてキハ603は、本当に街の人々から愛されてたんだなぁ…って、ひしひし伝わってきました。

…いかん、目から汗が゜。゜(ノД`)゜。゜。



西御坊では、ちょっとした式典が行われました。
普段は街角にひっそりと佇む、あの小さくてボロくて傾いた駅舎も(笑)今日は、別れお惜しむ地元の方やファンで埋め尽くされていました。
く、崩れるんじゃないかとwww

ブラバンの生演奏をBGMに、長い汽笛を残して603号は車庫へと走り去って行きました…



暫らく電車は来ないんで、歩いて車庫まで様子を覗いてみたところ…撮影会が自然発生www
といっても、参加者は20人程度。社員の皆さんも実に楽しそうなのが印象に残っています。小さな鉄道だから…と言われればそれまでですが、撮影会の本来あるべき姿のような気がしますね。とても和やかな最期でした。

それにしても…尾灯つけてるトコ初めて見たwwww



「最後はすっぴんで…」とヘッドマークを外す紀鉄の方は、午前中、車庫へ入れてくださった社員さんでした。
お世話になりましたm(_ _)m



604をバックに。同僚の引退を傍から見守っているようで、なんとも…・゚・(つД`)・゚・



近づいて、もう一枚。
こちら側の顔は、普段なかなか近くで見られないですもんね。



「タンタン、タンタン…」と軽やかな音を立てて、キテツ2がやって来ました。コイツは2軸なんですよね。
日本で残り2台しか存在しないレールバス黎明期の作品。これはこれで貴重なクルマなので、キハ603を廃車へ追いやった悪しき野郎…なーんてイメージはありません(^-^;



キハ603は、再び眠りに就きました…




※ここに掲載しきれなかった写真も含め、ちょっと大きめサイズのものを「してつや」の方に載せてます↑

※「してつや」は、2013年5月11日をもって一時休止とさせて頂きました。たくさんのアクセスありがとうございましたm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/357-3cce07f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)