> 私鉄屋雑記帳 サンディエゴの赤い路面電車
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



サンディエゴの赤い路面電車
アメリカ遠征シリーズ、カリフォルニアへ行ってきた…言うてたわりには、ほとんどアリゾナばっかだったんで(汗; 今回は再び西海岸へ戻ってきて…



サンディエゴ トロリー…!!

サンディエゴ(San Diego)は、メキシコとの国境近くに位置する町。
ロサンゼルスからアムトラックで2時間ほど南へ下がったところにあります。
総延長82km、3路線とそこそこの規模なんですが…ここ、三条的にツボった、マジで。
路面電車なのに高架走ったり…ってのはLRTの定番ですが、いきなり高架からジェットコースターみたいな急勾配でストーンッと地下入ったりとか、複雑に入り組んだ配線とか、物凄いΩカーブとか…サンディエゴの複雑な地形も関係してるんでしょうが、全体的にカーブが多く、建物も建て込んでいるわりに飛ばすので、なんというかノリが京急ですwww
もう、どうして赤い電車はドコもこうなのかと(笑)



こうやって見ると、立派な高架鉄道なんですけどねぇ。
特に、北部の新興住宅地を走るグリーンラインは最近出来たばかりの路線なんで、殆どの区間が高架or地下です。



ちょwww おっさん線路渡ってるし…!?

いや、これ仕様ですからご安心を(笑) そもそも相対式ホームの片側にしか地上に繋がる階段がないんで、線路渡らないと反対側に行けないと言う(^-^;
ようはコレ、線路が高いトコ走ってるだけで、キホンは路面電車なんですね。
電車が来ても、みんな平然と渡ってますが…日本人からしてみると、ちょっとフシギな感じがします。



サンディエゴトロリーは歴史がそこそこ長いんで、車両も製造された時代によって3種類に分かれています。

***




まずは、一番新しいS70型と呼ばれるタイプの車両。
車番は3000番台を名乗っているんで、日本風に言うと3000系。
2005年、グリーンラインの開通に合わせて登場した3両連接の部分低床車です。
コイツのVVVF音がカッコ良過ぎ…!!



車内はこんな感じ。



でもって、3000系の良いトコロは前面展望!3連接低床車、というコトでフェニックスのそれと構造自体はほぼ一緒なんですが。
運転台直後の席は京急2100形みたく、ちゃんと前を向くようになってるんですよ…!!(フェニックスでは後ろ向き。3連接全体で集団見合い式っぽい配置…orz)
大きな一枚窓のおかげで視界も良好…!!!
オマケに、路面走ったり高架走ったり地下入ったり急カーブあったり…あぁ、めっちゃ楽しいwww

***






次に、角張った車体と大きな一枚窓が特徴のSD100型、2000番台を名乗っています。
1995年から製造されていて、主にオレンジラインで活躍しているようですが、グリーンラインでも時々3000系に混じってやってきます。
ちなみにコイツ、どっかで見たことあるなぁーと思ってたら、ソルトレイクシティのTRAXと姿カタチがほぼ一緒ですね(^-^;



木目調の内装にボックスシートが並んでいます。



2000系にはラッピング編成も確認できました。
ま、真っ黒www

***




最後に一番古いU2型、1000系ですねwww 
1981年、サンディエゴトロリーの開業と同時にデビューした車両で、主にブルーラインで活躍しています。



内装は2000系と大差無い感じですね。
後からリニューアルしたのかもしれません。



2000と3000は互換性があるようで、こんな編成も見かけました…背丈が違うので凸凹です(笑)
訪れた日は休日ダイヤで終日2ユニット編成でしたが、ホームの有効長を見ていると4ユニットくらいまでは対応できそうな感じ。
それこそ平日ラッシュ時には凸凹凸凹…なんて編成も見られるかもしれませんwwww
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/349-8073178d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)