> 私鉄屋雑記帳 忍びの里の小さな電車 #2
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



忍びの里の小さな電車 #2


午後は上野口でマルーンを狙いました。
…マルーンいいですよねぇ!!阪急よりも若干明るめな感じですが、それをグッと引き締める細い銀帯がゴージャスな感じvvv 一段降下の大きな窓に丸っこい優雅なデザインも、全然古さを感じさせないですよね。奈良電時代の高性能車は、どれも独特な丸みがあってカッコイイです。

が。伊賀鉄道って沿線で撮るトコが無い…(汗; 特に上野口。いや、ロケーションは良いんですよ、ロケーションは。
ここ↑服部川橋梁も、電車乗ってて撮れそうだなーと思ったんですが、土手に上がる道が無い(季節柄、土手に雑草が大繁殖してて道がヤツらに侵略されてしまった…?)ので、下から。これ、晴れてたら絵になったんだろうなぁー…



架線柱が…orz

服部川へのアプローチ部分。線形はすっごく良いんですが…どーして近鉄系の路線って、こうも架線柱が立派なんだろうか(汗; 三重のナローとかもそうですよね。軌道はヘロヘロなのに、架線柱だけは門型だし間隔短いし…確かに、電気で動く電車にとって架線は大事大事な設備ですが。そこまで金掛けなくてもいいのにorz



新居駅にて。結局、駅撮りが一番絵になったり…(^-^;



茅町で交換する忍者編成。
忍者、ブルー!忍者、ピンク!! …あと3人(編成)足りないなぁwww



茅町駅。
窓口の上には近鉄時代の写真が飾ってありました。例の厄介な架線柱も上手いこと処理されてて、あぁ~こう撮れば良いよね、って勉強になりますね(笑)

ちょうど宿の最寄が茅町だったんで、一旦荷物を置きにチェックインしたんですが…この宿がまた物凄く庶民的で(笑) これほど”宿屋”って単語が似合う宿屋もイマドキ珍しいんではなかろうかってぐらいwww 1階は食堂になってるんですが、金曜の晩ということもあって地元(?)の方と思しきお客さんで賑わってました。食堂と兼業とか、なんだか小説の一節みたい…!!
また860と東急1000が半々ぐらいになった頃に伊賀行ったら、ここに泊まりたいですねvv

んでもって、夜は2つ先の猪田道へ行って交換風景を撮りに行きました。



こ、怖えぇぇぇwww

昼でも十分存在感あるのに、夜とか軽くホラー(笑)



リバイバル編成…!!この並びを撮りたかったんですね。夜になると上野市の分断ダイヤが解かれて、伊賀上野封じ込めだったマルーン銀帯編成も神戸までやってきます。
伊賀鉄道、最近ダイヤ改正をしたらしく、せっかく持ってきたダイヤグラムが全く役に立たなかったというヘマやらかしてしまい(汗; 今日この2編成がどっかしらで並ばないか?駅で貰った時刻表と睨めっこしてましたwww

***





おまけ。昨日ちらっと見に行ってきました長津田工場。
ずーっと放置されていたデハ1310+クハ1011ですが、クハだけ屋外に出ていました。快速表示は以前のままwww 相方は恐らく倉の中。コイツらが伊賀送りの第一陣になるんでしょうかね。
この貫通型ツイン's、目蒲線の分断で組み替えが発生して以来、ずーっと眠ったままだったはずで、実質10年ちょっとしか走って無いんですよね…東急時代には満足に活躍できなかった分、伊賀で元気になった姿を見たいですね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/341-69563228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)