>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

いずっぱこのコデと鋼製車!!


沿線に検査設備の無い伊豆箱根鉄道大雄山線は、毎回検査の時期になると貨物列車(ワム!)の後に引っ付いて、駿豆線の大場にある工場へと輸送される…というのは、JR線を経由するのでダイヤ情報の巻末にも載っていて、三条のような地味鉄以外にも広く知られているかと思います(^-^;
数ヶ月に1回、定期列車を運休させて平日に3日がかりで行き来するんですが、授業被ってたり忘れてたり(ぇ して、行こう行こうと思いつつ、未だに一度も撮ってなくて。同じ県内なのになぁ~、いつか行けるだろう…って思うと行かなくなるのが近場のコワいところ(笑)
が。今回は、出場したクルマが大雄山で1編成しかいない鋼製車(5000形の第一編成)で…ようは、このチャンスを逃すとコイツが再び重検を迎える4年後まで待つことに…!!今回ばかりは外せなかったですよ(笑) 



まずは営業列車を2番→1番ホームへ入れ替えさせて…コデ君登場ー!!





黄色い車体に稲妻マークがチャームポイント(?)のコデ君。工事用電車でコデ。なんて安易な(笑)
昭和3年、鉄道省生まれ、一旦相鉄に渡って伊豆箱根へとやって来たコデ君は、元を辿れば旧型国電、すぐ隣の東海道線を行き来するE231からすれば大先輩にあたります。可愛らしい姿をしていてコデ君なんて勝手に呼んでますが、もういい歳したジィさんです。



続いて、JRの機関車もやって来ました。



後には…おぉいたいた、ぴっかぴかになって帰ってきたトップナンバー!!
まるで貨客混合列車www





ちょうど小田原行きが到着して、ごった返すホーム。コデ君の回送で定期列車を1本運休したが為に、ここだけ24分空いちゃったんですよねwww 線路容量ギリギリの大雄山線。
んでコデ君を見て、なんじゃありゃー!?と振り向く人、あぁいつもの黄色いヤツ…と改札に向かう人、リアクションは半々に分かれる感じ。この時間、検査のほか工臨なんかでもそこそこ頻繁に運休させては、その度に”運休します…!!”というポスターが駅や車内のあちこちに貼られているので、割と大雄山線ユーザーの間では有名なのかもしれません。













JR→いずっぱこ引き渡しシーン。
JRは何故にワムの後に引っ付けて運んでくるのか…というと、実はココの渡り線に架線張ってないから、だそうで。JRもいずっぱこも電気機関車(コデ君は果して”機関車”なのか…!?)で運んでいるので、直接入れられないんですね。それなら間にワムを噛ませて押し込めばいいんじゃね?ってコトで…なんという原始的な発想wwww



後方確認…!!



E231から見たコデ。

JRホームから撮ってたんで、当然JRの電車が時々前を遮るワケですが…並ぶと余計にコデ君だけがタイムスリップしてきたように見える(笑) なんかもうJRの電車がモノ凄く未来的な乗り物に見えますねwww そんな未来の電車の窓から、コデを眺める老人の姿が印象的でした。





定番の穴部~飯田岡で。
コデ君、メチャクチャ元気です。これ、5000は電源落ちてるので1M3Tなワケですが、定期列車のスジを借りて走っているので、普通の営業列車と同じ速度で走らないとスジに乗らないという…まぁ途中駅は通過するんで、ちょっとは余裕あるんでしょうけど。吊り掛けの音を唸らせてモノ凄い勢いで爆走しとりましたwww



というワケで。今回も、無事お家へ帰ってきましたとさ。めでたし、めでたし。
また4年後も、コデ君に牽引されて入場する姿が見られるといいですね…!!
関連記事
スポンサーサイト

東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/09/03(木) 11:51 ]

<<忍びの里の小さな電車 #1 | ホーム | まずは近鉄から…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/339-9e730185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ