>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

青電モドキ、現る。


これまた前回に関連して、千葉ネタで。今年の6月末に復活した、京成の青いヤツです。
青…といっても緑に近いですね。エメラルドグリーン系。そういえば、緑色のことを青っていいますよね。青信号っていうケド色自体は緑っぽいし、東急のアイツも青ガエルとか呼ばれておきながら、あれって思いっきし緑やんwww これって、ちょっとフシギな感じがしません…か? 昔、本かテレビかで、この感覚は日本人だけ…とかなんとか言ってたような気がする。何でか~って肝心なトコは忘れてしまってますが(汗;



この日は津田沼~ちはら台をひたすら往復する運用に入っていました。



千葉線、実は千葉までちゃん乗ったのは初めてなんですが、物凄くのんびりしてますねvv
途中の稲毛には構内踏切が残っていたり、西登戸(”のぼりと”じゃないんかい!)なんかホームの屋根が0.5両分くらいしかないwww
コンパクトだけど千葉とかは立派な高架駅だったりして、ちょっと山陽電車の駅とかと印象が重なりました。


…で。新千葉-京成千葉-千葉中央の駅間の短さは何ぞ(笑)



青電と新京成。千葉線は日中10分ヘッド、京成と新京成のクルマが交互にやって来るので、車両にバラエティーがあって面白いですね。







ちなみに三条は、京成の青電というものをナマで見たのは初めてです。3300形がこの色を身に纏ったのも今回が初めて…というワケで、これ、モドキなんですね。
両開き扉の側面は、若干無理してる感が拭えないですが(^-^; 顔だけ上手いこと切り取ってやると、なんかもう昔からこの塗装だったみたい!腰ライトとか昔の青電にはなかったパーツですが、かえって引き締まっててカッコ良いですね…!!



もうすぐ赤電ですよ…!!

運行開始が8月下旬というコトは、もうそろそろ赤くなって出場…でしょうか。
ファイアオレンジも楽しみですね!!3種類揃った暁には、何かしらイベントやるだろうな~と。今から期待しちゃってますよ、京成さんwww

***



千葉中央駅ホームから見たJR。これって、こないだ(本千葉から京成を撮る)の逆バージョンですねwww
新京成が千葉中央まで乗り入れて来ているので、こんな並びも見られます!



んで、新京成のクルマにも乗ったんですが。ふと窓辺を見ると…ちょっ、8900形www
なんかイラストが、めっちゃリアルですよ!しっかり松戸行きまで描いてあるし!!
もともと窓が開けられる構造だったんでしょう。他の窓を見ても、もともとカギだった部分を埋めた跡には、ご丁寧にも全部このイラスト入りプレートで塞がれていましたwww
…が。コレ、付いてる車両は8500という(笑) そこはアバウトwww
関連記事
スポンサーサイト

京成 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2009/08/19(水) 22:42 ]

<<北陸の国鉄型、再び。#3 | ホーム | 京葉の青き列車、二題>>

コメント
青帯のアルミカーを、青電が挟んで走っていたという微かな記憶を持つ(…歳がバレる...orz。)自分にとって、今回の復活塗装は非常に懐かしくもあり、冷房付き両開きドアの車両での復元に違和感を感じていたりします。

よもや20数年後に、こんな出来事が起ころうとは思いもしませんでした。

当時の青電は、もっと暗い色だったような気がするのですが、当時の色調資料など恐らく残されていなかったのでしょうし、仮にあったとしても、塗料が絶版だったり様々な要因が重なると、復元が難しくなったりするのでしょう。
『さよなら2100系‘青電’』の時に復元された色よりは、遥かに現役時代に近い色調です。


模型で作成する場合、自分は近似色としてタミヤの暗緑色2と灰緑色を使用しています。

URL | DK #- | 2009/08/22(土) 02:07 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
どうも~コメントありがとうございます!!

そうですねぇ、青電といえば冷房ナシで片開き扉…ですもんね(私は写真や本のなかでしか見たことありませんが…)
ただ今の京成の通勤型車両はステンレスばかりですから、もうこの塗装に塗って違和感が無いのは3300ぐらいしか…あ、3400は鋼製ですが絶対に似合わないので除外(笑)
3300は一昔前の”京成らしさ”を残した最後のクルマ。今回のリバイバルカラー化は京成の100周年記念ということですが、もう余命幾ばくも無いであろう3300の最期の花道…という意味合いも兼ねているのかもしれません。

こういった微妙な色合を模型で再現するのは難しいですね。私もエアブラシを持っていないので、既製品のスプレー缶に頼るしかないワケですが…GMカラーでそれらしい色が出ていないと、近似色探して他社のメーカーの色見本と睨めっこです(^-^;
DKさんは模型も作られてるんですか~?
URL | 三条イツキ #- | 2009/09/03(木) 12:22 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/336-3cd7bd69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ