FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

さよなら令和の炭鉱電車
こちらの続きです。
熊本でマルヨ、翌朝は廃止が決まった三井化学専用線を撮りに、早朝の鹿児島本線で大牟田へとやってきました。
まだだいぶ時間があるので、跨線橋を渡って西口へ…。



西口の駅前広場には、去年移設された西鉄大牟田市内線の静態保存車がいます。
炭鉱電車のインパクトが強すぎて陰に隠れがちなのですが、大牟田にも路面電車が1路線だけ走っていたんですよね。
この204号車、大牟田市内線の廃止後は福島線→福岡市内線へと流れて1975年に廃車されたそうなので、きっと晩年は熊本市電の5014編成と一緒に活躍していたのでしょう。




毎度おなじみの旭町踏切。


8時20分頃、宮浦からコキを連れた45t電機がやってきました。


折返しの単回はド順光!
いや~、やっと晴れてくれましたね…。
私、どうも大牟田と相性が悪くて、今まで尽く天気に恵まれていなかったのです。


1時間後、再び宮浦から単回が現れて、


硝酸を積んだコキを回収したら、


今日の45t電機のお仕事は終わりです。


宮浦で20t電機にバトンタッチ。
そうそう、ここの順光カットも前から撮りたいなーと思っていたんですよ。



からんからんと打鐘式踏切の音が響く構内、コキを1両ずつ工場へと運んでいきます。
戦前生まれの電機が2000年代生まれのコキ200を牽く、というのも思えば凄い組み合わせですよねw



レトロな工場をバックに何度も行き来する20t電機。


10時半、一通りの作業が終わりました。


大牟田駅に戻ると、朝イチに宮浦から運び出されたコキを連ねた8152レが発車を待っていました。

炭鉱電車の残党として、僅か1.8kmの区間を行ったり来たりしていた三井化学専用線。
車齢90年近い古豪電機が手動のワイヤー式踏切を渡る光景は、現代の奇跡と言っても過言ではありませんでした。
いつまでも続いてほしい…そう思っていたのですが、残念ながら硝酸の入手先が変更され鉄道で輸送できなくなったことから、5月7日をもって運行を終了してしまいました。

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト




九州・沖縄地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2020/05/29(金) 19:18 ]

<<貝塚線と名島の鉄橋 | ホーム | 復活した熊本市電5000型>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1281-82c2a791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania