FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

「色」が戻ってきた多摩川線
先月241Fと245Fがトレードされて以降、黄色ツートン×2本、赤電×2本体制になっている多摩川線。
秩父線の50周年イベントには台風で行けなかったこともあり、久しぶりに西武ツートンを撮りたくなって、ふらっと出掛けてきました。


まずは新小金井駅で下車。
木造上屋の小さなホームに黄色ツートンが行き交う光景は、まるで90年代の西武です。



この日の運用は245F、249F、253Fの3本。
一時期は真っ白だった多摩川線も、今では懐かしい色の新101系たちが、12分毎に出会い別れを繰り返すようになりました。



定番のいちご橋俯瞰。



久しぶりに訪ねると線路東側の木が成長したようで、横アングルでは若干窮屈…というわけで、いちご橋の少し南側に移動。


そのまま徒歩で多磨へ。
改良工事に伴い交換設備が廃止されたのですが、駅舎の向こう側のホームを上下兼用で使用していて、構内踏切は残ったままになっています。
武蔵境行きは電車が入線する前にホームへ行かないと乗れなくなってしまうので、橋上駅舎が完成するまでの辛抱とはいえ、ちょっと不便ですね…。



このリバイバルカラーがよく似合う駅前も、近いうちに変わってしまうのでしょう。


最後に白糸台へ。




253Fは側面にラグビーワールドカップの広告が入っています。
せっかくのリバイバルカラー…ですが、赤電塗装は全体で3編成いるので、あまり特別感がないのかなとw


247Fは広告がない「当たり」編成です。
関連記事
スポンサーサイト




西武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/11/15(金) 20:24 ]

<<飯山線国鉄色旅情号 | ホーム | 新潟駅で夜遊び>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1250-b9b8ae03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania