FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

都営の小さなモノレール
上野動物園の西園~東園間、300メートルを結ぶ懸垂式のモノレール「東京都交通局上野懸垂線」が10月31日をもって休止になるということで、平日の空いてそうなタイミングを見計らって行ってきました。



まずは根津で下車。
上野動物園は上野公園の西側に位置する為、東側から入ることになる上野駅よりも根津駅から歩いた方が近かったりします。
ついでに、まもなく”引退”する6000系も撮れましたw


住宅街の路地を10分ほど歩くと、モノレールが見えてきましたー。


ただのアトラクションのようにも見えますが、このように公道の上を通る区間があることから鉄道事業法が適用される、れっきとした都営の鉄道だったりします。
しかし2つある駅はどちらも園内なので、モノレールに乗るためには動物園に入る必要があります。


というわけで営業距離僅か300メートルの路線に乗るために、わざわざその2倍以上の距離を歩いて動物園の入口でチケットを買い、東園駅にたどり着きましたwww
駅前のパネルにあるとおり上野懸垂線の歴史は古く、1957年に日本初の本格的なモノレールとして開業、かつては都電に代わる新しい乗り物の実用試験も兼ねていました。


車両は4代目の40形。
休止を前に「ありがとう40形」のマークが付いています。


ちゃんと都営フォーマットな時刻表。
7分間隔…のはずなんですが、お客さんが少ない平日は間引いているのでしょうか。


お馴染みの路線図もあります。
それと面白いなと思ったのが、40形の乗降口が改札口から見て向こう側にしかないので、ホームへ向かうときに必ず”構内踏切”のような場所を渡ること。
遮断機や警報機はなく、厳密には踏切ではないそうですが、モノレールで軌道内(と呼んでいいのかわかりませんが)を通行できるのは不思議な感じがしますね。


また他の懸垂式モノレールと違い、乗り場全体がフラットですね。
列車が発着するときは、駅員さんが手動(!)のホームドアを閉めて安全を確保しています。


車内。
カラフルなプラスチックの椅子が並んでいてアトラクションを装いつつ、妻面にはしっかりとした銘板があったり、


検査票は荒川検修所ですかwww


あっという間に終点、西園駅に到着。


西園は高架駅です。


駅前にはペンギンが!?
あーそうだ、モノレールばかり撮っていてすっかり忘れていましたが、ここ動物園でしたね(笑)




高層マンションをバックに走る姿は、まるで未来都市のよう。
もしモノレールが都電を置き換えていたら、都内ではこんな光景が当たり前になっていたかもしれませんね。



最後の1往復が終わると閉園まで構内が開放され、自由に撮影することができました。


年季の入ったプレートを発見。
長い歴史を持つ上野動物園モノレール、大変貴重なものなので、ぜひ復活して欲しいですね。
関連記事
スポンサーサイト




新交通システム・モノレール | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/11/05(火) 19:30 ]

<<新潟駅で夜遊び | ホーム | デゴイチが黒貨車を牽く>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1249-5e8b7b17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania