FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

過渡期の和歌山線を撮る #2
こちらの続きです。


次は隅田で下車。
日中この駅で交換する列車が多く、降りたらタイミングよく新旧並びが撮れました。


駅の東側にあるアーチ橋へ。
比較的新しい感じのコンクリート橋ですが、特徴的なデザインをしていて以前から気になっていた場所でした。

ところで、この列車も時刻表を見ると隅田で交換なのですが…あることに気がついて駅の方へ猛ダッシュしました。
その”あること”とは、




常磐顔同士が並ぶ!!!!!

はい、105系自体の数が減ってしまった今、もう撮れないだろうと思っていただけに感無量ですね。


さらに1時間ほど待って、もう1本撮影。
今度は縦構図で。


そして交換。
またまた新旧並びが撮れました。


アーチ橋のすぐ近くに、こんな廃トンネルを発見しました。
軽くググってみると、この辺は1952年に小規模な線路移設が行われていて、そのとき廃止になった「和歌山線唯一のトンネル」だそうです。
そういえば和歌山線って、沿線は割と起伏があるのにトンネルは一つもないですよね。
また新線がトンネルになるケースはよくありますが、その逆というのも珍しいのではないでしょうか。


再び列車に乗り、今度は吉野口で下車。
この駅はJRと近鉄の共同使用駅で、日中は各方面と接続するように上手くダイヤが組まれていて、こんな風に4本の列車が1時間に1回、勢揃いします。
それにしても”高齢車”ばかりですねwww


せっかくなので近鉄も撮りましょう。


青の交響曲!
これ、タネ車は6200系なんですよね…。


吉野線で橿原神宮前へ。
橿原線に乗り換えると、ホーム奥の留置線にスナックカーが待機していました。


そろそろ暗くなってきたので、大和八木で軽くバルブ。
すると、方向幕がACEの発生品になったことで話題のN54編成がやってきました。
種別も行先も赤地で、くどいですねw
またサイズも一回り小さいので、まわりを黒い枠で囲う処理がされています。
12200系は新塗装化対象外ということで、今後の動向が気になるところです。



こちらも話題の鮮魚列車。
数日前からク2782の方向幕が故障している為、難波方のみカン付きで運転されています。


青山峠を越えて三重県へ。
今晩は桑名でマルヨ予定でしたが、ちょうど次の三岐線が3連ということで、リバイバル車に賭けて近鉄富田で下車。
やって来たのは西武イエローの805Fでした。

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト




JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/10/12(土) 21:27 ]

<<三交色と京急色と | ホーム | 過渡期の和歌山線を撮る #1>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1244-5e8fcac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania