FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

過渡期の和歌山線を撮る #1
こちらの続きです。
四日市から和歌山へ移動してマルヨ。
今回のメインは、9月末で引退することになった105系4扉車の撮影でした。


約9ヶ月ぶりの和歌山駅。
おぉーさっそく105系と227系が並んでいますね。
今年の3月から順次置き換えが進められており、既に和歌山~和歌山市間では全列車が227系で運転されています。


乗車する430Mも227系になっていました。
前回は117系だった運用です。


前方では105系が待機中。
このあと到着する1423Mと増結し、折り返し432Mになります。
飯田線から119系が引退するときもそうでしたが、こんな風に増結が絡む運用はだいたい置き換えが後回しになりますねw


車内に入ると新車の匂いが漂っていました。
和歌山線では2020年春から全線でICカードの利用が可能となる予定で、ドア付近にはカードリーダーも準備されています。
当初、そのICカードに関するリリースに「2020年春に全車両置き換え完了予定」と出ていたので、まぁ早くても今年の冬ぐらいまでは残るのだろうと呑気に構えていたら、実際は思っていたよりもハイペースで焦りました…。


紀伊小倉で下車、駅東側の撮影ポイントへ。
線路際に彼岸花も咲いていて良い感じです。
まずは1425M、こちらも前回は117系の運用でした。



続いて105系4連の432M!
ありがたいことに今回も常磐顔先頭でしたー。


平日限定の快速4427M。
この列車は五条→粉河まで4両編成なのですが、粉河で後ろ2両を切り離し、快速運転となる粉河→和歌山間では2両に減車されるという珍しい運転形態になっています。


後ろは何故か行先表示がない「快速」単独幕でした。


粉河で切り放された相方は、普通列車1427Mに化けて続行運転されます。


2本目の快速、4431M。
こちらは途中で切り離しはなく、始発駅の五条からずっと2連です。


そして434M。
若干ミスってピン甘になってしまいましたが、まぁパンダ顔先頭なので…。

さて、これで朝のネタ列車も一段落…というわけで、少し移動しましょうか。



15分ほど歩いて、船戸~岩出間の紀ノ川橋梁へ。
レトロなトラス橋は昭和5年に完成したものだそうです。



紀ノ川を渡って岩出側の堤防から撮影。
この時間帯は105と227がほぼ交互にやって来ました。



岩出駅で新旧交換。
こうして並んで気が付いたのですが、105と227では幌の位置が前後逆なのですね。

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト




JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/10/06(日) 23:45 ]

<<過渡期の和歌山線を撮る #2 | ホーム | 変わりゆくベイエリアの鉄道 #3>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1243-4cdb0d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania