FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

東急甲種と京急踏切事故に伴うイレギュラー運用
東急6000系6302、6301号車と3000系3008Fの計8両が総合車両入場の為、長津田→逗子間で9月4日から3日間かけて甲種輸送が行われました。


3日目(9月6日)に参戦、まずは府中街道の陸橋へ。
通過直前に雲が現れて焦りましたが、なんとか抜けてくれました。


新鶴見で機関車付替えの為、2時間ほど停車。


これでもかなり違和感のある絵づらなのですが、


やはり一番強力なインパクトを放つのが、この部分!
両形式とも、まず普段は増結するということがないですからね。


暫くするとE233系の試運転が入って来ました。
思えば3000系と埼京線のE233系、今までは近くを走っていながらお互い顔を合わせる機会はなかったのですが、3000系が相鉄線へ直通するようになると、当たり前のように並ぶことになるんですねぇ…。




横浜まで先回り、定番の高島水際線公園へ。
ここも雲が多くひやひやさせられました…。



最後に神武寺で京急と絡めて。


逗子線は神奈川新町で昨日発生した踏切事故の影響により、金沢八景~新逗子間で終日折り返し運転となっていました。
朝方には5300形も機織り運用に入っているという目撃があったのですが、私が着いた頃は655F+652Fと1201Fの2本が行ったり来たりしていました。





本線は横浜~京急川崎間で終日運休。
横浜以南では横浜折り返しの特急と普通がそれぞれ10分毎に運転されていました。


いつもなら、常に大勢のお客さんが電車を待っている横浜駅2番ホームも、今日はご覧の通り…。


京急川崎以北も特急と普通がそれぞれ10分毎で、都営線への直通電車は空港線系統のみ…という風にアナウンスされていましたが、実際には快特も運転されていました。
都心側は直通先への影響もあるので、なるべく通常に近いダイヤで運行しているのでしょう。


また特筆すべきは京急川崎~羽田空港間のエア急ですね。
踏切事故は日中に発生した為、取り残された2100形が充当されていました。



駅北側の中線と、南側の渡り線を駆使して折り返しが行われていました。
残念ながら地上側の検知装置と非常ブレーキが連動していない、人の目に頼る運行の問題点が浮き彫りとなってしまった今回の踏切事故ですが、こうした臨機応変な対応は手動を重視する京急でなければできません。
関連記事
スポンサーサイト




東急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/09/07(土) 23:39 ]

<<変わりゆくベイエリアの鉄道 #1 | ホーム | 台湾で鉄路迷2019 #3>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1239-1c82aeeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2020 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania