FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

復活した環状線
こちらの続きです。


知人で臨港線を撮影後、釧路から特急スーパーおおぞら10号に乗って札幌へ。
所要時間4時間1分、走行距離は348.5km!
どの列車も乗り応えがあった今回の道東一周旅ですが、そのなかでも最後のこれが時間も距離も一番長いです。



札幌市電。
前回訪ねたときはまだループ化する前だったので、すすきので軽く”夜遊び”です(笑)
金曜の晩は街も電車もごった返していました。
思えば久しぶりの都会、やっぱり札幌は違いますね。


翌朝。


見慣れた時計灯のすぐ横を市電が走る。
もう20年位前になりますが一時期札幌に住んでいたことがあるので、この光景はなんとも不思議な感じがしますね。


すっかり綺麗になったすすきの電停。
車両も2013年に導入されたA1200形「ポラリス」に続いて、単車タイプの1100形「シリウス」も仲間入りしました。


でも、やっぱり札幌市電といえば、この丸っこい道産子電車ですw


ウイスキーおじさんを背に駅前通りを北上する8500形。


延伸区間は軌道を歩道側に寄せたサイドリザベーション方式が採用されました。
撮り方によっては単線のようにも見えますw


狸小路の前を行く「ポラリス」


かつて市電が縮小される40年ほど前にも、同じ駅前通り上に軌道が敷かれていたことがありました。
当時を知るM101形以前の旧型車両たちにとっては、きっと感慨深いことでしょう…。


西4丁目で再び交差点を曲がると既存の一条線に入ります。
短い区間とはいえ、一度廃止された路面電車が復活したのは富山地鉄の都心線に続いて国内2例目となりました。
ぜひ他の都市にもどんどん波及していって欲しいですね。


そうそう札幌市電といえば、帰りしなに新千歳空港の国内線ターミナルビル内にあるフードコートで、こんな車両を見つけました。



とても精巧に出来ているので、え、M101って廃車になったの!?と一瞬焦ったのですが、よくよく見るとレプリカでした(^-^;

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト




北海道・東北地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/06/17(月) 20:21 ]

<<最後の釣りかけ電車 | ホーム | だるま引退>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1219-8dcbc422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania