FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

令和元年に平成元年生まれのバスに乗る
こちらの続きです。
高松でマルヨ、翌朝も1081編成を撮りに羽間~榎井へ。


去年に続き今年も走りました、釣り掛け+カルダン車の凸凹編成!
しかも京急色+ファンタゴンレッドという、古くから元京急の車両が幅を利かせてきた琴電で、この組み合わせは感慨深いものがありますね。


折り返しは23号が先頭。
この後のスケジュールの都合から、なるべく琴平に近い場所で…ということで榎井付近の俯瞰ポイントにしました。


さてさて、急いで琴平駅へ行って南風号に乗りましょうw
向かう先は高知県香西市にある県立青少年センター。
その駐車場に停まっていたのは…



5E!!!

5月3~5日の3日間、のいち動物園でイベント開催の為、臨時駐車場となっている県立青少年センター~のいち動物園の間で、高知東部交通の「59号車」がシャトルバスとして運行されました。
これ、わりと直前に知って凄く悩んだのですが、琴電は1081編成が朝の1往復で入庫してしまうこと、レトロ電車は去年も似たような編成で撮ったし…ということで、昼の分を蹴って弾丸で高知へとやって来たのでした(この時点では、まさかレトロ電車が引退するだなんて夢にも思わなかったです…。・゚・(ノД`)・゚・。)


まずはロケハンも兼て、のいち動物園まで乗車。


車内も年季が入ってますねぇ。
若干ヘタってますが、座席はハイバックシートで乗り心地も上々。
高知県でも今や最後の5Eとなった59号車、普段は室戸地区で平日朝晩に細々と走る程度で、こうして気軽に乗れる機会は貴重です。


僅か5分ほどで、丘の上にあるのいち動物園に着きました。
もうちょっと乗っていたい感じですが、今日のうちに横浜へ帰らねばならないので時間がありません。
次は走行写真も撮りましょう。






とは言っても、5分程度の距離をひたすら行ったり来たりしているので、撮り放題なんですけどねwww
区間は短いものの、長閑な田んぼ沿いの道からつづら折りの山道まで変化に富んでいて”絵になる風景”がたくさん!


形式写真なら、動物園の麓にある交差点がド順光でいい感じ。
こんな風に何発も走行シーンが撮れるのも、シャトルバスならではです。



同じく青少年センター~動物園間を行ったり来たりしていた7Eの192号車。
こちらも92年式の年代物ですが、側面の塗装が残念なので、ついで程度に撮っておきます(贅沢なw)



また動物園~のいち駅間にもシャトルバスが運行されており、こちらには土佐電カラーの51号車が充当されていました。
ノンステなので、なおさらどうでもいいですね()


再び青少年センターへと戻ってきました。
この三連テール、かっこいいですよねぇー。
車体には補修の跡があちこちあって、行く先が不安ではありますが、少しでも長く活躍して欲しいですね。


というわけで滞在時間は僅か3時間ほど、慌ただしく南風号に乗って四国を脱出、岡山から新幹線に乗り換えて横浜へ帰還しましたー。
沿線で出会った地元のファンの皆さんからもドン引きされるレベルの弾丸スケジュールでしたが(笑)、短時間で乗って撮れる効率のいいダイヤと申し分のない天気、多少無理してでも行ってよかったです!
関連記事
スポンサーサイト

バス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/05/19(日) 22:54 ]

<<釧路駅前にて | ホーム | 甦った真紅の古豪>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1212-26bfdfe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ