FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

甦った真紅の古豪
こちらの続きです。

翌朝(5月4日)は瀬戸大橋を渡って高松へ。
これまた1年ぶりの琴電、毎年恒例のGWイベント…ですが、今年の主役はレトロ電車ではなく、


クラウドファンディングでもって京急時代の塗装が復活した1081編成でした!
通常は琴平線で走っている同車が長尾線を1往復するということで、まずは平木~学園通り間の橋脚が特徴的な新川橋梁へ。
みなさん考えることは同じで、土手には大勢の同士が集まりました。


振り返ると…あれ?長尾板??w


折り返し瓦町行きはどこも光線が悪いので、平木駅へ。
ちょうど一日1本のみの平木止まりと並ぶなぁ…と時刻表を見ていてひらめいたのですが、



残念ながら到着してすぐに幕を回してしまいました(-_-;




瓦町で一旦留置線へ引き上げ。
折り返し仏生山行きになるまでの約30分間、職員さんのご厚意で幕回しが行われ、ちょっとした撮影会に。
この高架下の空間は、どことなく京急蒲田付近の高架化工事中を思い出しますなぁw


瓦町の大きな駅ビルをバックに、今度は琴平線の複線区間を行く。


ちょっと編成は短いけれど、やはり京急は都会的な景色がよく似合いますね。
さて、仏生山では次のネタを仕込む為1時間ほどブランクがあるので、その間に羽間~榎井の築堤へ先回り。


同じ京急出身の先輩、1070形を増結して仏生山~琴電琴平間を1往復しました!
思えば1070形ももう充分”レトロ電車”ですよねw


折り返しは土器川橋梁へ。
構図は悩みましたが、光線重視で後追いにしました。


さらに京急ラッピング車1083編成を増結してもう1往復!
今度は一宮~円座の香東川橋梁で撮影。
夢の赤い電車4連です。


「途中金沢文庫で切り離しを行います」




これまた光線に悩む午後の上り。
いろいろ考えた末、一宮駅東側の複線っぽくなっている場所で撮影しました。



後続電車で仏生山へ。
車庫を覗いてみると、既に編成は切り離されて明日のイベントに備えていました。

天邪鬼な私は、ヘッドマークやことでんロゴなど京急時代の姿を完全に再現するわけではないと聞いて、初めのうちは正直微妙だ…なんて思っていたのですが、なかなかどうして気が付けば一日中追っかけてしまいました。
以前なら、1080形を撮りまくるだなんて考えられませんでしたねw

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト




四国地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/05/15(水) 20:28 ]

<<令和元年に平成元年生まれのバスに乗る | ホーム | 水島臨海鉄道にも令和マーク>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1211-07d108c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania