FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

日本最東端の鉄道
釧路2日目。
この日も臨港線が14時台に1往復のみということで、午前中は根室まで乗り潰ししてきました。


釧路8:18発、2番目の汽車に乗車。
これに乗ると根室には10:49着、折り返し11:03発で釧路へ13:18に戻って来られるのです。
車両はルパン三世のラッピングがされたキハ54-522。


車内に入ると、これまた豪華なリクライニングシートが並んでいて驚きました。
一昨日に釧網本線で乗ったキハ54は0系新幹線の発生品でしたが、こちらは789系1000番台のものだそうです。


釧路から15分くらい走ると、もうこんな景色になります。


原生林を抜けて右手に太平洋が見えてくると、まもなく厚岸です。
厚岸は今でこそ小さな漁村という感じですが、釧路が石炭産業で栄える前はこちらの方が大きかったらしく、当初は釧網本線も厚岸に繋げる予定だったとか。


この辺りは入江になっていて、大きく迂回しながら進んで行きます。


突然の警笛に急ブレーキ!何事か!?と外を見ると、犯人がこちらを向いていましたw
根室までの道中、何度もこいつらと遭遇することになります。


釧路を発って1時間20分、茶内で初めて対向列車が来ました。


みんな大好き車掌車改造駅舎。
駅名板に真新しいシールで手前の駅名が変更されていますが、これは今年3月のダイヤ改正で初田牛駅が廃止された為。
ホームや駅舎もそのまま残っているのが見えたのですが、うっかり撮りそびれてしまったので帰りに撮影しましょうw


再び海辺へ。
沿線に何にもない根室本線ですが、いよいよ樹木がログアウトしてしまいました(笑)
この荒涼とした大地、一昨日の石北本線や釧網本線もなかなか凄い景色でしたけど、根室本線のそれはズバ抜けていますね。


久しぶりに街らしい街が見えてくると、日本最東端の駅、東根室に到着!
根室の町を回り込むようにして走るので、一番東にある駅は終点の根室ではなく一つ手前の東根室です。


というわけで根室駅は日本最東端「有人」の駅になっていますwww


さて根室での滞在時間は14分しかありません!
ささっと写真を撮って、記念入場券を買ったら再び列車に乗り込みます。

…ん!?


これまた年季の入った、いい感じのバスが駅前を通り過ぎて行きました!!!
たいした下調べもせずに思いつきで訪ねた根室、まさかこんな長尺のバスが走っていたとは…。


折り返しは「快速はなさき」
途中の姉別、糸魚沢と厚岸~釧路間はノンストップ運転です。
釧路までの所要時間は普通列車よりも15分ほど早いのですが、それでも2時間以上かかるわけで、こうした盲腸線でも北海道はスケールが違いますなぁ。


行きに撮りそびれた初田牛駅跡。
つい2週間前まで営業していたのでまだまだ綺麗ですが、外された駅名板が廃駅であることを物語っています…。


帰りも茶内で交換。
5分ほど停まるということで一旦降りて撮影タイムですw

釧路到着後、すぐに駅前からバスに乗って臨港線の知人駅へと向かいました
関連記事
スポンサーサイト

JR北海道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/06/01(土) 23:23 ]

<<最初で最後の出会い | ホーム | 鰍沢のP代キュービック>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1208-2c481d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania