FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

初めての道東
こちらの続きです。


特急オホーツク1号に乗車。
旭川は過去に1度だけ来たことがあるのですが、ここから先は初めて乗る区間。
終点の網走まで3時間43分、がっつりと乗り鉄です。


列車はキハ183の4両編成、最後尾の4号車自由席に乗ります。
札幌始発ですが乗客は少なく、旭川からの乗車でやっと1両あたり2桁になるレベルでした。
まぁ長丁場なので、もし座れなかったらそれはそれで悲惨ですが…。


こんな感じの景色が延々続きます。
そろそろ飽きてきた…というところで北見峠が現れて列車のスピードがガクッと落ちました。


2時間ほど走ったところで遠軽に到着。
ここでスイッチバックなんですが、停車時間は3分しかありません。


そんな短い間で見つけたのが、こちらのレトロな行灯式の発車案内板。
3段目をよーく見ると…


ちょうど30年前の1989年に廃止された名寄本線「然別・名寄方面」の文字が!!


遠軽からは4号車が先頭に。
最前列の席が空いていたので移動しました。


女満別駅の車掌車たち。
ピンク色に塗られたものが4両留置されていました。
車掌車を改造した駅舎なら道内各地で見られますが、ここまでたくさん並んでいるのは珍しいのでは。


網走に到着!!
ここで釧網本線に乗り換えですが、次の釧路行きは15:10発。
まだ3時間ほどありますwww


というわけで反対側のホームに渡って撮影したり、


駅前でバスを撮影したり。
網走バスはもともと名鉄グループだったそうで、塗装がまんま名鉄バスですw


釧路行きはキハ54の単行(写真奥の列車)
終点までの所要時間は3時間36分、今日は朝からずーっと列車に揺られっぱなしですねw
途中駅の数もそれほど多くなくて、路線図だけなら「そんなに遠くないんじゃないの?」と錯覚してしまうのですが、やはり北海道は広いのです。
ちなみに旭川から釧路へ鉄道を利用して向かう場合、一旦札幌へ出た方が速かったりします(それでも6時間前後かかりますが…)


今度もガラガラ…かと思いきや、アジア系の外国人観光客が多く、車内は賑やか。
座席は0系新幹線の発生品を活用した転クロだそうですが、モケットが張り替えられているのでパッと見は新しく見えます。


ふと天井の方へ目をやると…国鉄マークが輝いていました。



網走を出て暫くするとオホーツク海が見えてきました。
冬のオホーツクと言えば流氷ですが、こんなに寒くてももうすぐ4月なので氷の姿はなく。
北海道にも春の足音が近付いています。


清里町で「流氷物語号」と交換。
ここまで1時間ほど列車交換がなかったので時刻表を見てみると、実に5時間半ぶりの上り列車なのですねw


知床斜里から進路を変えて内陸へ。
お客さんも徐々に減ってきて、国際色豊かだった車内は地元民と数人の旅行客だけになっていました。
そして峠を抜けた頃には日も暮れてしまい、うとうとしていたら…え?釧路!?
どうやら後半30分くらい寝落ちしてしまったようで、慌てて下車しましたw

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト




JR北海道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/04/21(日) 22:52 ]

<<道内最後の運炭鉄道 #1 | ホーム | 旭川駅前の個性的なバスたち>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1205-9e78d219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania