FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

”再出発”まで残り4日の夕張支線
3月は別れの季節、今年は北海道から2つの鉄道が消えました…。
というわけで、まずは3月31日をもって廃止となる石勝線の新夕張~夕張間、通称「夕張支線」に行ってきました。


3月27日、朝のバニラエアで新千歳へ。
スーパーとかちに乗り換えるため南千歳で降りると、ホームからはジャンボの政府専用機が羽を休めている姿が見えました。
こちらも3月末で引退ですね。


40分ほどで新夕張着。
こっちは結構降ってますねぇ…。


夕張行きは2両編成。
もともと単行での運転でしたが、廃止前の駆け込み需要に応えて日高本線用のキハ40-351が増結されています。
日高本線は鵡川~様似間が災害により長らく運休中なので、そこで手持無沙汰だった車両に白羽の矢が立ったのでしょう。


また列車の本数自体も、3月16日のダイヤ改正から一日5→8往復に増発されました(全便が臨時列車扱いで、種別幕も普通ではなく「臨時」になっています)
その甲斐あってか、車内は思っていたよりも空いていますね。


清水沢で下車。
この1週間ほど前に友人も清水沢を訪ねていて、駅ノートに記帳したそうなので、この時の仕返しに来ました。駅から北へ20分ほど歩いたところで撮った写真を見せてもらったので、そこに行こうと思っていたのですが、


この天気では5分も歩いたら雪だるまになってしまいます…。



結局ぎりぎりまで待合室で待機して、駅のすぐ横にある跨線橋から撮影。
幸い列車が戻って来る頃には雪も多少弱まっていました。
夕張支線は1編成が朝から晩まで行ったり来たりしているだけなので、さっきここまで乗ってきたものと同じ編成です。


駅舎とホームが妙に離れていますが、これは大夕張鉄道という私鉄が発着していた名残です。
かつては石炭産業で賑わっていた夕張界隈、黒いダイヤを満載にした貨車がここにたくさん止まっていたのでしょうね。


再び夕張行きに乗って終点を目指します。



夕張駅は1面1線の小ぢんまりとした駅。
もともとはもう少し奥に駅があったのですが、炭鉱が閉山すると主要産業を石炭から観光へとシフトさせようと、リゾートホテルに隣接した現在の位置に移転したそうです。



サボはキハ40-1772が「ありがとう」、キハ40-351が「さようなら」でした。


Restartまであと4日!
廃止をネガティブに捉えるのではなく、あくまでも”再出発”なのです。


雪が止んだので、少し線路沿いを歩いてみると…こんな鉄橋を見つけました。
今では信じ難いのですが、かつて夕張支線は複線だった時期があり、そこへさらに夕張鉄道も併走していたのだそうです。
あと4日で3本全ての鉄橋が廃線跡に…。


15分ほどで鹿ノ谷駅にたどり着きました。



清水沢と同じような位置に跨線橋があったので俯瞰撮影。
この駅にも黄金期には夕張鉄道という私鉄が乗り入れていたので、広い構内とスパンの長い跨線橋にかつての賑わいを感じさせます。


さて今夜は旭川でマルヨなので、そろそろ撤収しましょうか。

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

JR北海道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/04/15(月) 20:31 ]

<<旭川駅前の個性的なバスたち | ホーム | 神戸ネタもん二題>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1203-7139afc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ