FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

高崎ネタ列車3題
10月31日は高崎界隈がとてもアツい一日でした。


まずは夜明け前の高崎駅へとやって来ました。
JRの立派な駅ビルの脇にある上信電鉄の改札口へ向かうと…お、停まってますねー。



デハ205!!

上信電鉄では、ここ最近になって車両故障が相次ぎ、朝ラッシュ時に車両が不足していることから、103レ~112レの1ヤマがデハ205号の単行で運転されています。


103レに乗車。
早朝の下り列車なので、乗客は高崎を出た時点でも片手で数えられるほどだったのですが、上州福島で最後の一人が降りてしまい、遂に運転士さんと私だけになりましたw


西武所沢工場で生まれたデハ205号。
戸袋窓や網棚の意匠に西武の香りを感じるのですが、高崎方の運転台は後から東武3000系の部品を流用して増設されたものなので、この乗務員仕切りは完全に東武のそれ。
西武と東武が融合したような、不思議な空間が広がっています。



終点、上州富岡に到着。
折り返しまで1時間ほどあるので、先に発車する高崎行きに乗って…


吉井~馬庭の鉄橋へ先回り。
今日は一応晴れ予報、北の方には青空が見えているのですが、こちら側はドン曇りでなんとも微妙な感じ…。
デハ205通過時は薄日が差したものの、残念ながら綺麗には晴れてくれませんでした(-_-;




少し居残って、他の編成も撮影。
今まで何度も空振りだったデハ204+クハ304、やっと走行シーンが撮れました。
この編成もデハ205と同じく非冷房なので、なかなか走らないんですよね…。



高崎の車庫には、引退した151編成や手付かずの107系たちが留置されていました。
「上野」幕は、上信電鉄の前身「上野鉄道」に掛けた洒落…だったり??


この日は八高訓練も走るということで、丹荘へ。



客車1両www

DD51-897+オヤ12-1+DD51-888の贅沢な(?)プッシュプル編成でした。
ネタとしては面白いんですが、こちらも上空にだけ帯状の雲が掛っていて、手前だけ薄曇りという残念な結果に…。


さらにさらに!今日は弥彦色になったN36編成の出場回送もあるということで、一旦大宮へ。
途中の倉賀野では、入換中のDE10に遭遇しました。
いい具合に年季の入った原色が堪りませんw


なんと中央快速線へと転属することになった209系1000番台弥彦色が、並んで停車していました!!



暫くすると移動を開始。
弥彦色はもともと2両編成、初期の非ユニット窓車でしか見られなかった塗装なので違和感もありますが、これはこれでカッコいいですよね。
また近いうち新潟にも行かなくては…。


そして走行シーンを岡部~本庄で。
ころころと露出が変わるなか、最後の最後で太陽が味方をしてくれました!!!


いつものパターンで、安中貨物を撮ったら撤収しました。
関連記事
スポンサーサイト

上信電鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/11/05(月) 22:52 ]

<<最後の都会派103系 | ホーム | 山梨交通のモノコックバス>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1170-8b46f8df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ