FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

万葉線のレトロ電車
こちらの続きです。
高岡で下車して万葉線へ。


駅前の跨線橋で暫く待つと…お!来ました、来ました。
加越能鉄道時代の塗装に戻されたデ7073号です!


きれいな高岡駅に、ぼろぼろの電車…実はこれ、映画のロケで使用する為にわざと汚したウェザリングなんですw
万葉線では「レトロ電車」として、あえてそのままにして走らせているそうで、公式ページに運用も載っています。


見た目はぼろレトロですが、デ7073号は7000系のなかでも比較的新しいグループで、冷房化改造や運賃表示機の更新が行われています。



まずは新吉久で下車して、駅のすぐ近くの公園で静態保存されているデ5022号を撮影。
かつて万葉線が富山地鉄射水線を経由して、富山市内まで乗り入れていた頃に直通用として造られた車両で、車体は路面電車サイズですが高床で総括制御も可能、という軌道線用と鉄道線用を足して2で割ったような姿が特徴です。
今年7月の時点ではまだ整備中で公道から眺めるだけでしたが、10月13日に正式オープンし、指定日には車内を見学することもできるそうです。


2008年3月、除雪車として余生を過ごしていた頃のデ5022号。
当時は米島口車庫のヌシでした。



新吉久付近で撮影。
すっかりアイトラムだらけになりましたね…。
第4編成は「ドラえもんトラム」として青基調のボディーで異彩を放っています。




デ7073号が越ノ潟から戻って来ました。



この日はもう1台、7000系が走っていたんですが…なんと非冷房のデ7074号でしたwww
万葉線は日中6運用で1サイクル、冷房車はアイトラム6編成、デ7071、デ7073の計8本なので、てっきり夏場は冷房車だけで運用を回しているもんだと思ってました…(^-^;


少し歩いて能町口で撮影。
氷見線のオーバークロスを下るデ7073号です。


後ろを振り返ると能町口駅。
この専用軌道なんだか、併用軌道なんだか分からない感じがいいですねぇ(笑)


さて、帰りは件のデ7074号に乗ってみましょうか。


おぉ…窓全開…。


走り出すと爽やかな…だったらいいのですが、今年は猛暑、生ぬるい風が入って来ます。


運賃表示器もデ7073号のように液晶ではなく、レトロ電車よりもレトロですねw


ガチのレトロ電車に揺られること約30分、高岡に戻って来ました。
折り返しを駅前の跨線橋から撮って、再びJR…ではなく、あいの風とやま鉄道に乗って、西に向かいます。

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

北陸地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/10/26(金) 20:43 ]

<<まるで国鉄型博物館!JR七尾線 | ホーム | 地鉄バス5Bと大変貌を遂げた富山駅>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1167-d8bfb6ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ