FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

信州バスまつり2018 #2
#1の続きです。



元松本電鉄のBU10K
数少ない動態のモノコック車、それも北村ボディという超貴重な一台です。
長野オリンピックの頃までは、こんな車両が松本市内をゴロゴロ走っていたそうで。


現在は個人の方が所有されているとのことですが、方向幕やサボは松電時代のまま、塗装も「赤バス」に近いデザインになっていて嬉しいですね。



平成最後の夏。
赤いモケットに腰掛け、バス窓から外を眺めると、そこには昭和の車窓が広がっていました。



お隣さんもモノコック車、元信南交通のBT51
日本バス文化保存振興委員会が所有しており、映画やドラマ等にも出演しているそうです。
窓がユニットサッシなのでBU10Kよりも新しいのかな?と思いきや、BT51の方が8年上なのですね。



構内を走りまわっていたボンネットバスと木炭バス。
当たり前ですが木炭バスは薪を焚いて走る仕組みなので、近くを通るといい匂いがしますw



普段まず乗る機会がない教習車警察の輸送車も展示されていて、車内も自由に見学できました。


警察車両の車内。
座席はビニール張りのハイバックシートで、なんだか台湾の路線バスみたいですねwww



会場の隅でイベントを見守っていたのは、ナンバーが外された上田バスの7E(N-963号車)…。


順光になる12時から30分間は撮影タイムが設けられていて、レトロバスの形式写真を撮ることができたのですが、それが終わったあとにサプライズ!
なんと国鉄7Eと地鉄5Bの間に上田バスの7E(N-962号車)がやって来て、夢の富士重ボディ3並びが実現しました!!


さらに地鉄5Bが移動して…


北アルプスを挟んで長野県側と富山県側の高原バスが共演!!


ちゃっかり上田7Eも一つ目RJの隣に移動、元東急同士の並びもw


行先表示は栂池高原、室堂、菅平高原、白樺湖…高原のリゾート地で統一してみたとのことで。
こういうフリーダムな雰囲気は、バスのイベントならではですねwww


BT51の幕回しも行われました…が、よれよれw


なかでも一番好きだったのが、この「廻送」表示です。

#3に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

バス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/10/02(火) 22:33 ]

<<アルペンルートを横断する #1 | ホーム | 信州バスまつり2018 #1>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1161-66e2735c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ