FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

台湾で鉄路迷2018 #6
#5の続きです。

そろそろ光線が悪くなってきたので、駅に戻る途中で見つけたセブンイレブンに入って少し早めの昼食。
台湾のコンビニはイートインコーナーのある店舗が多くて便利ですね。
そこでスマホをぽちぽちやっていると…また面白い情報が飛んできました。
なんとディーゼル自強371次の後ろに補機が付いているようです!?


というわけで、今度は土手の方から撮影~。


なんだかDR3100が客車みたいですね。
ペンデルツーク式?w
原因は不明ですが、この後の折り返しも補機付きだったことから、恐らく3ユニットのうちのどれかが故障してパワーが不足するので機関車を付けたのでしょう。


続いてキョ光751次。


金崙交換で、すぐに反対方向からもキョ光704次が通過。



駅に戻って普快車3671次をホームから撮影。
ここ最近はインド客車で運転されているということで、久しぶりに乗ってみようと思ったんですが、


なんと車内はほぼ満席でした(;´д`)
過去に何度も乗ったり撮ったりしてますが、こんなに混んだ普快車は初めてですねぇ。
乗客はEMU100ついでの鉄路迷…ばかりではなく、普通の観光客も結構乗っていました。


天井では扇風機が頑張っていましたが、


日本製客車に比べるとドアは自動なので開放できないし、開口部も少ないので風通しも悪く居住性はイマイチ…。


でもまぁ、そんなインド客車も嫌いじゃないですw
この渋い塗りドアなんて日本の古い電車みたいでカッコイイですよね。


知本で15分ほど停車。
自強号と接続するため、車内が少し空きました。


車端のボックスシートに座ると、足元には空の弁当箱が。
「駅弁のカラ箱は座席の下に捨てる」
日本では見掛けなくなった昭和の作法が、南の島で生き続けていました。



台東で降りるとリバイバルカラーのR101号機が停車していました。
鉄路迷のみなさん、普快車そっちのけでカメラを向けていて、ちょっとした撮影会にwww

#7に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

台湾 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/08/29(水) 23:17 ]

<<台湾で鉄路迷2018 #7 | ホーム | 未来の電車と過去の電車>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1153-d2ca7c61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ