FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

シドニーを発着する長距離列車

こちらの続きです。
今回はシドニーを発着する長距離列車をアップします。


まずはXplorerと呼ばれる都市間列車用ディーゼルカーから。
NSW州内の地方都市や首都のキャンベラを結んでいます。
首都へ行く列車が3両編成のディーゼルカーかよ!?って感じですが、首都といってもキャンベラは人工的に造られた小さな町なので、まぁこんなもんでしょう…。


続いて、こちらはローカル列車用のディーゼルカーEndeavour
基本的に州内の非電化区間を行ったり来たりしている車両なのですが、Southern Highlands Line直通の1日1往復(土休日は2往復)とBlue Mountains LineのうちBathurst発着の1日1往復で、Central駅まで乗り入れています。


時計台を背に発車を待つEndeavour。
Central駅では、長距離列車は頭端式ホームの1~3番線を使用しています。
シティーサークルに乗り入れる通勤電車は中間駅スタイルの一段高いホームから発着していて、まるで上野駅のような構造です。


シドニー近郊の3複線区間にて。
この辺りでは珍しい平屋建て、しかも2両編成という姿は目立ちますねw
オーストラリアの長距離列車といえば大陸横断鉄道に代表される堂々とした客レをイメージしてしまいがちですが、そういった列車は週1便とかそんなレベル(後述)なので、短編成のディーゼルカーの方がよく見かけます。


そしてプッシュプル列車のXPT
メルボルンやブリスベンなど主要都市間を最高時速160kmで結んでいます。


広大なオーストラリア、スピードは速くてもメルボルンまで11時間、ブリスベンまで14時間ほどかかるので、 区間によっては夜行便があり寝台車やビュッフェ車も連結されています。
一度は乗ってみたいですねー。


今回シドニーで撮影できた長距離列車は以上です。

あれ?

大陸横断列車とか走ってないの…??

実はですね、オーストラリアの西の端パースを結ぶインディアンパシフィック号という花形列車がある、んですが…結論から言うと撮れませんでした\(^o^)/
訪問時は水曜日の11時30分にシドニー着、折り返し15時ちょうどにパースへ向けて発車する週1往復のダイヤでして、路面電車博物館(後日アップします)の開館日とダダ被りだったんです…。
どうしても撮りたい車両があったので、博物館の方を優先してしまいましたw
関連記事
スポンサーサイト

オーストラリア | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/05/18(金) 20:41 ]

<<今年は旧1000形が花電車に! | ホーム | 国鉄メイクな115系たちを追って #2>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1133-c0dc54c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ