FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ダブルデッカー王国Sydney Trains #1
こちらの続きです。


シドニーといえば2階建て電車!!
Sydney Trainsと呼ばれる近郊電車は、全ての車両がダブルデッカーで運転されているのが最大の特徴となっています。
本数も頻繁に運転されていて、特に多くの路線が集まるCentral駅で眺めていると、大柄な電車たちが次から次へと入線してきます。
世界広しと言えども、これほど徹底して2階建て電車が走り回っている街は他にないでしょう。
以下、形式別にアップします。


まずは最新型車両のA setから。
2010年から2014年にかけて626両製造された車両で、Waratah(ワラタ)という愛称がついています。
面白い響きの名前ですが、これはオーストラリアにしか咲かない赤い花の名前だそうで、NSW州の州花にもなっています。


ワラタさんの特徴は全編成が8両固定になっていること。
都心へやって来る列車の殆どが8両編成なのですが、これまでの形式は4両や6両固定ばかりだったので、中間に必ず運転台付きの車両が組み込まれていました。
しかしシドニーの人口は右肩上がり、年々激しさを増す混雑を緩和しようにも都心の地下駅は8両編成が限界なため、同じ長さで少しでも定員の多い車両を入れよう!ということのようです。


また同一形式で626両という数はSydney Trainsで最多。
近郊電車はタンガラしか走っていないT4系統(Eastern Suburbs)や、都心を経由しない支線を除けば、どこでも嫌というほど見かけますw




ハーバーブリッジを渡るT1系統(North Shore Line)は特にワラタ率が高かったですね。



WavertonでF setを待っている間に来た電車も、ワラタかタンガラの2択でした。


しっかしこの顔、どっかで見たことあるような…と思ったら、


どことなく東急のヒカリエ号に似てません?w
側面のデザインはプラグドアと固定窓が並んでいて外国って感じなんですが、顔は親近感がありますwww


車内もモケット張りの転換クロスが並んでいて、2+3席なことを除けば日本のそれに近くて馴染みやすいですね。

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

オーストラリア | トラックバック:0 | コメント:1
[ 2017/12/28(木) 19:27 ]

<<干支マークと2018号車 | ホーム | 世代交代進む一畑電車 #1>>

コメント
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
URL | さくら #- | 2017/12/28(木) 19:30 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1111-62e4a64f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ