FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ダブルデッカー王国Sydney Trains #5
こちらの続きです。


現役最古参のS set
1972年から1980年まで製造された車両で、最盛期には509両が活躍していましたが、現在では置き換えが進み192両にまで減っているそうです。


やはり南海か東急あたりをダブルデッカーにしたようなデザインをしていますねw
編成は2両、4両固定が基本で、支線向けに3両固定バージョンのL setという形式もいるようです。


S setはSydney Trainsで最後の非冷房車
T2、T3、T6、T7、T8で運用されているとのことですが、真夏の12月ということもあって、なるべく運用から外しているのか、稼働率はかなり低い感じでした。


このような額縁顔タイプの車両も見かけました。
ぱっと見た感じK setにそっくりですが、方向幕の上にヘッドライトがありません。


また額縁顔タイプはコルゲートの数も異なります。
過渡期に製造された車両ですかね?


車内。
基本的な造りはK setとほぼ同じですが、クーラーダクトがないので少し空間が広いですね。
またドアに換気用のルーバーも付いています。


K setと同じく、隣の車両へ移動することはできません。


でもってS set最大の特徴はこれ!


シドニーの夏は結構暑いのですが、日差しが強いだけで東京みたいに蒸し暑くはならないので、冷房がなくてもそれほど不快ではないです。


いい感じに駅撮りできる場所はないかなーとロケハンしていると…
Centralから5つ目の各停しか止まらないPetershamという小さな駅で、怪しいS setを発見!




高い金網の向こうに、側面や方向幕がグレーに塗り潰されたS setが2両、留置されていました。


隣にはバスも停まっています。
この場所はGoogleマップで確認すると「Transport for NSW Training Facility」とあるので、恐らく訓練車ではないかと思われます。

こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

オーストラリア | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/19(月) 20:58 ]

<<大阪ミナミの初詣臨 #3 | ホーム | ダブルデッカー王国Sydney Trains #4>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1110-3717899b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ