FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

新常磐交通の旧塗装車
こちらの続きです。
前述のとおり、今回いわきでのメインは新常磐交通でした。
最近その存在を知ったバス会社なのですが、年式の高いクルマが多く、塗装もセンスがあって好ましいので、気になっていました。


まずは泉から。
小名浜方面へ向かう便が日中でも毎時2本程度走っているので、福島臨海の合間に撮りバスしました。
しかし事前情報のとおり小名浜は新しいクルマが多く、旧塗装車は4本待って1台も見掛けず…。
ちょっと拍子抜けしてしまいましたが、ここはあくまでも福島臨海のおまけ。
ぼろバスの巣窟になっているという、本命の湯本へ移動しましょう。


おや!?
さっそく駅前に古そうなのが1台停まっていますね。


U-代の大型ブルリ、ナンバーからググってみると91年式とのこと。


柿の種テール!
この、こじんまりとしたバック駐車のターミナルもいい感じです。

さて今日は雨が降ったり止んだりイマイチな天気ですが、雨が止んだタイミングを見計らって湯本駅から南へ2kmほどのところにある湯本営業所を訪ねました。


おおお♪



U-代が当たり前のように並んでいますよ!


雨に輝くブルーリボンと日野のエンブレム。
新常磐のいいところは、こうしたエンブレムをしっかりと付けていること。
塗装とも絶妙にマッチしていますよね。


7Eが出庫して行きました。
ちょっと見え辛いですが、このクルマはリアにUDのエンブレムを付けています。



湯本営業所の最古参はこちら!87年式の一つ目レインボーです。
ただ残念ながら現在は予備車で運用に入ることは殆どなく、この日も午前中に遠足の送迎バスとして小学生を乗せて走っただけだったそうで…。

さらにもう1台、一つ目レインボーと同い年のブルーリボンが居るはずなのですが、どうも姿が見当たりません。
営業所の方に伺うと、なんと「湯本市内循環」で走っているとのこと!



というわけで湯本駅へ戻って、少し待ってみると…はい来ました!!!


木の床、臙脂色のモケットに白い枕カバー!
座席は1+2配置になっていて、1人席に補助席が付いているのが特徴的ですね。
せっかくなので運転手さんにお願いして一周乗車させて頂きましたw


30分ほどで再び湯本駅へと帰ってきましたー。
ここでパターンが崩れて折り返しは桜ヶ丘行きに。
桜ヶ丘も路線図を見るとそれほど距離はなさそうですが、循環ほど”遊び乗り”に適した路線はないですから本当にラッキーでしたw


常磐線が来るまでもう少し観察していると、U-代のジャーニーKが入ってきました。




最後にいわき駅前で軽くバルブ。
いわきは思っていたよりも都会で、バスも新しい…ことはなく、今どきのノンステに混じってU-代も普通に来ますw
泉、湯本と比べて圧倒的に本数が多いので眺めていて飽きないですね。

こちらの記事に続きます。

※営業所内での写真については、許可を得て撮影しています。
関連記事
スポンサーサイト

バス | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2017/10/06(金) 23:42 ]

<<磐越東線乗り鉄 | ホーム | 少しだけ福島臨海鉄道を撮る>>

コメント
Twitterともども、いつもお世話になっております

遂に常交にも行かれたんですね!
最近は都バスやら小田急やらが増えてしまいましたから、湯本が旧車の最後の砦ですね。
その湯本もどんどこ本数が減っていっていますから、手軽にバスを楽しめるのもあと数年かもしれません。

あと三条さん向きには「上遠野車庫」のスクール路線をオススメしたいと思います。
小学校のある日しか走らないのですが

上遠野~川畑~入定
上遠野~大平~入定
上遠野~深山田

はメロディバスとなっていて、旧塗装の中型車(P-~KC-初期)専属です。
田舎の学校ですから児童もそれほど乗らないですし、あの「のんびりムード」はなかなかのものです。
都会にお疲れになった時にでも行ってみて下さい!

長文失礼致しました
URL | たか #- | 2017/10/15(日) 12:26 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
たかさま、こんばんは~
コメントありがとうございます!

はい、遂に行ってしまいましたw
今月のダイヤ改正でも大鉈を振るわれたそうで…。

上遠野も気になっていました。
場所的にもダイヤ的にもなかなかハードル高そうですが、それもまた魅力ですねぇ。
特に「メロディバス」というのは初耳なのですが、音楽を鳴らしながら走っているのでしょうか?

今回は色々と欲張ってしまい、中央のP-代キュービック、それと保存車のモノコックも撮れず仕舞だったので、また近いうち訪問したいところです。
URL | 三条イツキ #EVRdtjTk | 2017/10/16(月) 22:04 [ 編集 ]

ダブルクラッチは常交運転手の必須スキル
ぼろバスの魔窟、湯本の住人です。

一つ目レインボーは私が小学生の頃に導入された個体ですね、当時は習い事等でよく乗りました。

バック駐車が特徴の湯本駅ですが、当時は跨線橋脇のビル敷地にも2台分の車庫と事務所を持っており、そこから駐車誘導係が出てきて警笛と旗で合図しながら駐車していました。このレインボーには巨大なバックカメラが付いていましたが(320に当時のベースが残ってますね)誘導やってましたねー。
いわき駅(当時は平駅)行き路線では「ビデオバスガール」が導入された時期もありました。運転席後部の案内板の位置に強引にブラウン管テレビをマウントし、VHS録画された停留所案内を(恐らく)運転手が再生・一時停止操作しながら流すというシステムでした。今時の電車が普通に導入しているシステムですが、当時のテクノロジーでは明らかにムリがありました。トラブル続出ですぐ撤去されましたが、そのシステムを搭載して導入されたのが何を隠そう今も現役のブルーリボンでした。システム搭載車は確か2台だけだったと思います。

塗装が老け、サビ穴をアルミテープで雑補修されながらも黒煙もくもく健気に走るバスを見る度に幻の「パイナップル最中」と共に思い出す古の風景です。

URL | はぎ #- | 2018/07/25(水) 20:38 [ 編集 ]

Re: ダブルクラッチは常交運転手の必須スキル
こんばんは~
はじめまして、ですね!?
地元の方ならではの情報ありがとうございますm(_ _)m

湯本駅前、以前は今よりも規模の大きなバスターミナルだったのですね。
それで320のリアに台座だけが残っていると(私も後姿を撮っていたとき気になっていました)
昨今なかなか誘導係の居るターミナルも見掛けなくなりました…。

「ビデオバスガール」これまた名前も仕組みも時代を感じさせますね。
90年代の終わり頃まで横浜駅の京急線ホームにあった、ブラウン管テレビを並べた発車案内を思い出しました。
同じようにしょっちゅう故障していて、確か数年で撤去されてしまったはずです。
URL | 三条イツキ #EVRdtjTk | 2018/07/25(水) 22:37 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1099-58bde6cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ