> 私鉄屋雑記帳 夏の信州国鉄型巡り
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



夏の信州国鉄型巡り
先週(8月19日)は、長野の方をクルマでうろうろしてきました。


まずはムーンライト信州の返却回送を塩尻~みどり湖で撮影。
これ、通常は長野へ返却なんですが、ムーンライト信州が2日連続で運転される場合は当日中に新宿へ送り込む必要があるので、明るい時間帯に中央線を延々と回送されてきます。


続いて、しなの鉄道の坂城へ。
今年に入ってリバイバル塗装車が3色登場したしなの鉄道。
ありがたいことに運用は公式サイトに載っていて、この日は初代長野色→長野~小諸、湘南色→長野~妙高高原、スカ色→昼寝とのことなので、まず初めに初代長野色を狙います。


久しぶりに訪ねた坂城駅。
構内は相変わらずタキだらけ…ですが、前回と比べて大きな変化だったのが、


駅のすぐそばに169系が1編成丸ごと保存されていること!
前回は、まだこいつが現役でしたもんねぇ…シミジミ。
で、その169系を駅近くのカーブで撮ろうとしたら、吹雪まくりで真っ白な写真しか撮れなかったという残念な思い出w


そんな個人的には曰く付きの撮影ポイントですが、今回は夏なので大丈夫です。


時刻表にない時間に踏切が鳴り出し、何かと思えば…ろくもんの回送が現れました!
これは全くノーマークだったのでラッキーでした。


線路際に向日葵を発見。
爽やかな感じの初代長野色には、高原の夏が似合うよなぁ…。
悩みましたが、定番構図を捨てて季節物と絡めて撮影しました。
私、この塗装を実車で見たのは今回が初めてだったのですが、遠い日の夏休みに乗ったことがあるような不思議な懐かしさを感じました。


折り返しはどこも光線が悪いので、逆光承知で大屋~田中の陸橋へ。
うん、まぁ微妙ですね…(-_-;



気を取り直して、3発目は千曲公園の大俯瞰!
しな鉄色って派手なように見えて、色調が暗いので俯瞰で撮ると景色に紛れてしまいますが…



初代長野色だと遠目にも目立ちます♪


しかも絶妙なタイミングでろくもんとすれ違い!
これまたラッキーでしたー。


後追いでもう1発。


防音壁が気になりますが、一応北陸新幹線も撮れます。

この後は戸倉へ寄って、スカ色が撮れる位置に止まっていないか確認しに行ってみたものの姿は見えず…。
なのでそのまま北上して、今度は豊野~牟礼のインカーブへ。


はい、ド順光頂きました~。
湘南色の115系は高崎や岡山でも見られますが、しな鉄は当然JRではないので側面のJRマークがなく、よりオリジナルに近いのがポイントですね。
ワンマン表示の方向幕も、シンプルなのでそれほど目立ちません。


カメラを片付けていたら、反対方向からしな鉄色も来ました。
ホント塗装ひとつで印象って変わるもんで、とても同じ形式には見えないですねw
ちょっと前までしなの鉄道の115系はこの塗装しかありませんでしたが、リバイバル3種にろくもん、最近JRから転属してきて新長野色のままの編成も居て、カラフルになりました。


2発目は信濃大橋の大俯瞰へ。
しかし山の方へ行くにつれ天気が悪くなってきたので、この1本だけ撮って長野にトンボ返り、


最後に夜間瀬で長電を撮影して撤収しましたー。
マッコウクジラも故郷では孫(13000系)が生まれましたが、この調子だと子(03系)よりも長生きするんじゃないでしょうかw
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1095-a2f4ac3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)