>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

三河線のレア運用
こちらの続きです。
金谷から再び東海道線を下り、刈谷で名鉄三河線に乗り換えて知立に到着~。



目的地はもうちょっと先なのですが、せっかくなのでここで少し撮影。
7700系を追っかけて以来約8年ぶりの三河線、今ではすっかり6000系天下になってしまいましたね。
こうして見比べると、1次車は貫通扉が一段奥に引っ込んでいることに気が付きました。
鼻筋の通った顔と、大きな固定窓に7700系のDNAを感じます。


でもって、こちらが本題。
夜間、2編成の100系が土橋へ回送されて来て停泊するんですが、翌朝なんと土橋から豊田市行き普通電車として営業運転が行われています。
ラッシュ前の送り込みゆえ早朝の運転で、平日は6:22発と7:12発、土休日だとさらに早い5:45発と6:18発の2本が100系です。
今回は生憎の土曜日なので朝が早い…というわけで、


私も土橋でマルヨしましたw
5時半くらいに駅へ向かうと…



そうそう、これが撮りたかったんですよ!
この運用で最大の特徴は、系統板を使用していることなんです。


最後尾は無表示。


当然、側面も無表示です。


5:45発車。
これが土橋駅の豊田市方面行き初電です。
一応営業列車ですが、この辺はラッシュ時でも4両編成がMAXですから、20m級大型車の6両編成では車内はガラガラ!
回送と大差ないです(笑)


今度は2本目が出庫準備中。
豊田市行き自体は豊田線で腐るほど走ってるので、幕は当然持っています。
ではなぜ系統板を使用しているのかというと、100系の方向幕は自動放送装置と連動している為、豊田市幕を表示してしまうと豊田線の放送が流れてしまうのが理由だそうです。



準備が整うと、一旦知立方へ移動して…



1番線へ入換えて発車!
かつて名鉄では当たり前のように見られた系統板ですが、今ではワンマン板など特殊なものを除くと、毎日掲出される列車はこれと築港線くらいではないでしょうか。
早起きは三文の徳、早朝限定のレア運用です。


普通な三河線も軽く撮っておきましょうw


7時台になると4両編成もやってきました。
土休日ダイヤでも増結があるんですね。
フルカラーLEDに改造された編成が先頭の2+2や、


4両固定編成も来ました。
6000系もバラエティー豊かなので、撮っていて楽しいですね。

さて、まだ朝も早いですが、今日はもう一か所の”赤い電車”を撮影しに行かなくてはならないので、そろそろ撤収します。
こちらの記事に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

名鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/08/13(日) 19:33 ]

<<遠鉄30形特別運行と花火臨 | ホーム | 川根路のクラシックスタイル>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1093-c9b76f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ