> 私鉄屋雑記帳 台湾で鉄路迷2017 #6 ~光華号追っかけ~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



台湾で鉄路迷2017 #6 ~光華号追っかけ~
#5の続きです。


そんなこんなで辿り着いた后里駅。



DR2700は、ホームから1線離れた側線という素晴らしい位置に停車していました♪


この京阪みたいな吊り幌が堪りませんね!
後ろの倉庫もレトロでいい感じです。


行先表示は手書き。


何故か1号車だけ、ちゃんとした「光華号」表示になっていましたw


近くのコンビニで昼食の後、駅に戻ってくると手前にEMU800が入線していました。


このEMU800は后里止まり、折り返し台中方面へ行くようなので、こいつに乗って撮影ポイントへ移動しましょう。
復路は自強号を駆使して3発撮りますよw


まずは昨年10月に高架化された台中で下車。


ホームの台北方から駅撮り。
この辺りは高架化以降、ステップが低い車両の乗り入れが原則禁止になったこともあって、区間車はEMU800ばかりです。


そんな新しい電車ばかりの台中に、おんぼろディーゼルカー!このギャップがいいですなぁ。
ちなみにDR2700を使用した光華号50周年記念列車が高架化以降に一度走っているので、この組み合わせは今回で2回目だったりします。


後続の自強125次で追っかけ。
この列車も指定が取れなかったので、無座難民御用達の荷物スペースへw

125次は嘉義で団臨を追い抜くようです。
なので、その先の台南で撮ろう…と目論んでいたんですが、いま乗っている125次が10分ほど遅延していて待避駅が変更になったらしく、なんと嘉義にDR2700の姿はありませんでした(汗;
このまま高雄まで逃げ切ることはないだろうけど、2発目は予定変更か…と考えた矢先、2つ先の南靖で追い抜きました!
ふぅ、よかったよかった…(´∀`;
こういう突発的な変更が台鉄の恐いところですね。



というわけで予定通り台南。
すぐ後ろをDR2700が追って来ていましたが、所詮客レのPP自強は加速がトロいので、ダッシュで向かい側のホームへ移動して、なんとかゲットできました。

さぁ、さらに後続の普悠瑪133次で追っかけますよー。
今回の追っかけで一番ネックだったのがこの全車指定の普悠瑪号で、ここで空席がなければ計画は破綻してしまうところでしたが、乗ってみたら全然空いてましたw


時刻表を追っていくと、どうやら133次は屏東あたりで追い抜くっぽいのですが、今度は団臨が10分ほど遅れていたようで高雄で追い付いてしまいました
窓越しですが、これは2.5発目?(笑)
しかし133次は高雄で5分停まるので団臨が先に発車、結局3つ先の九曲堂で追い抜きました。


そして3発目は潮州でバルブ。
これ、3面6線あるホームのどこに入線するか分からず、まわりの鉄路迷の動きを見てスタンバイしましたw


マークなし6連、夜に輝くステンレスカーの美しいこと!


ヘッドライト点灯→出発シーンは被られてしまいました…。
この手前のホーム、こんな時間でも割と頻繁に列車の出入りがあるんですよねぇ(-_-;
そういえばDR2700が到着した直後にも、このホームを回送列車が高速で通過したのですが、その前に通り掛かった清掃係のおっちゃんに「もうすぐ列車が通過するから気を付けてね~」と、突然流暢な日本語で言われて驚きましたw
ほんと台湾って色んな人から日本語が飛び出してくるので、びっくりしますね。

#7に続きます(準備中)
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1087-d18342ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)