> 私鉄屋雑記帳 佐原の老兵1608SW引退
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



佐原の老兵1608SW引退
6月17日、関鉄グループ最後の6Eだった関鉄観光バスの1608SWが引退するということで、佐原へ行ってきました。


初めて降りた佐原駅、まずは地図アプリを頼りに駅北側の光線が良さそうな国道で一枚。
他の車両から流用したのか、サイズの合っていない方向幕がご愛嬌w


佐原駅前へ戻ってきました。
コミュニティバスやショッピングセンターの送迎バスなど今どきの派手なクルマが多いロータリーに、渋い6Eが一際目立ちますね。
ちなみにこのピンク色の無料送迎バス、後で乗車することになります。


フロントガラスには、ありがとうの文字と1608SWの写真が添えられました。
普段は前面に”マスク”をしていることが殆どだったのですが、今日は最後の晴れ姿ということで外したのだそうです。

このクルマを知ったのは、1年ほど前のことでした。
え?観光バス??関鉄なのに千葉ナンバーなの???と、にわかバスヲタの私には当初はてなマークだらけでしたが(笑)、なるほど、観光メインのグループ会社が1路線だけ一般路線バスをやっていて、そこに流れ着いた6Eが1台残っていたのですね。
行こう行こうと思いながら、なかなか行動に移せずにいたら引退の報せが舞い込んで来て、今日に至りました。


折り返しまで時間があったので、運転手さんに一声かけて車内を撮らせていただきました。


このクルマの特徴は、なんといっても中扉より後方が「三方シート」と呼ばれるロングシートが並んでいること。
かつての関鉄バスでは、この座席配置が標準仕様でした。


20分ほど小休止したのち、再び扇島へ向けて動き出しました。
関鉄観光バスの一般路線は、この与田浦線1本しかなく、しかも1台が行ったり来たりしているだけ。
土休日は通常1日4往復のみですが、今日は「あやめ祭り」開催に伴い午前中2往復増便されるので、テンポよく撮影できますね。


それにしても今日は見事な梅雨晴れ、絶好のバス日和です。


折り返しは成田線の踏切で撮影。
タイミングよく踏切が閉まったりしないかな…なんて、ホンのちょっとだけ期待したのですが、さすがにそんなミラクルは起きませんでした(^-^;


大勢のファンに見送られて発車する潮来車庫行き。
佐原駅12:25発、この1便のみ扇島より先にある潮来車庫まで運転されます。


駅前の道は狭く入り組んでいて、バスは”あみだくじ”のように迂回しまくって走るので…


徒歩で追っかけてももう1発撮れたりしますw


こちらは佐原駅行きのみが走行する区間。
趣のあるスーパーと6Eの組み合わせもいい感じです。
佐原駅前、それほど広い範囲ではないのですが、魅力的な風景がぎゅっと詰まっています。


午後は佐原駅→扇島まで乗車。
市街地を抜けて利根川を渡ると、あとはひたすら田んぼの中を突き進みます。


あやめパークのある与田浦が見えて来たら、終点の扇島に着きました。
所要時間は定時よりも少し遅れたので30分ほど。
以前は殆どの便が潮来車庫まで運転されていたのですが、2010年に車庫(潮来営業センター)が廃止されて以降、昼の1往復を除いて扇島折り返しに縮小されてしまったそうです。


扇島15:30発、これが佐原行きの最終バスです。
乗客は全員同業者なので(笑)、ほぼ全員が折り返しのバスに乗って去って行きました。

…ん?
じゃあ私はどうするのか?といいますと、ここから15分ほど歩いたところにある稲荷山下というバス停から、前述の無料送迎バスに乗ってショッピングセンター「パルナ」へ向かいましたwww



実はあの送迎バス、与田浦線と重なっている区間も多く、ショッピングセンターで時間を潰してから、近くの交差点へ移動して折返しを撮影しました。
本日の扇島行き最終バス、1608SWにとって最後の運用です。




日が傾いた頃、全ての運用を終えた1608SWが、ねぐらの佐原営業センターへ戻って来ました。
お疲れさま!
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

どうも! 最終日行かれたんですね。バスで最終日の告知がされるケースもなかなか珍しいですよねw ちなみに私が関鉄バスを知ったのは、三条さんの竜ヶ崎6Eの記事が発端でした。あれから早6年、おかげさまで関鉄・茨交にド嵌まりしてしまいましたw
【2017/06/20 22:03】 URL | たか #- [ 編集]

Re: タイトルなし
たかさま、こんばんは~
いつもコメントありがとうございますm(_ _)m

バスの世界では、突然引退するのが当たり前ですもんね…
今回も告知がなければ乗れず仕舞いになっていたと思うので、とても助かりましたw

竜ヶ崎の6E!あの頃はまだまだ沢山いましたよねぇ。
鉄道のついでに軽く撮影しただけの駄作で恐縮ですが、きっかけになれて大変嬉しいです!
【2017/06/21 23:15】 URL | 三条イツキ #EVRdtjTk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1085-c721fe2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)