> 私鉄屋雑記帳 台湾で鉄路迷2017 #4 ~台東駅の留置車両~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



台湾で鉄路迷2017 #4 ~台東駅の留置車両~
#3の続きです。

午後は、ある”貴重な車両”がホームから見えるところに留置されている、という情報をもとに台東へ行ってみることにしました。
南州から区間車に乗車、枋寮で自強311次に乗り換えようと切符を確認すると、おや?指定されたのは12号車ではありませんか。
というわけで、ホームの一番後ろで待っていると、


いやいやいや豪快にはみ出してるんですけどwww
それでも構わずドアを開けてしまう台鉄クオリティ。
仕方がないので、11号車から乗ることにしました。


台東駅で下車、留置線の方を見ると…おおおお!?こりゃスゲーや!!!


まず一番手前に停まっていたのがDR2510型
林口線の運用から外れ、七堵車庫の奥に放置されているところを撮って以来の再会です。
七堵は障害物が多くて側面しか撮れなかったのですが、やっと全体像を拝むことができました。



2014年の夏にSL用の「客車」として復活を果たしたDR2510。
林口線時代のラッピングは剥がされ、オリジナルの姿に戻ってますます渋カッコよくなりました♪
渋いといっても、これで1991年生まれなのだそうですがw


その隣はDR2700…ではなくDR2750型という、これまた大変貴重な車両。
まだDR2700が優等列車でブイブイ言わせていた頃に活躍した中間車で、運転席やエンジンはなく、屋根上に大きなラジエーターも載っていない「キサハ」です。
ウィキペには1997年に除籍、2003年に35DR2752号車1両を除いて解体とあるので、恐らくその1両だと思われますが、残念ながら状態が非常に悪く、窓も車番もありません…(-_-;


こちらはDR2700。
動態保存車の部品取り用に保管しているのかと思われます。


この黄色い顔が、逆に懐かしく感じますね(^-^;

DR2700×5、キョ光号客車×5、インド製通勤客車×1、DR2700×1…と続きますが、まぁこの辺は端折りまして、その奥に繋がっていた車両がヤバいんですよ…



!?

1999年まで活躍していた非冷房の旧型ディーゼルカーたちです!!
遠くて車番までは確認できませんが、恐らく解体せずに保管しているというDR2102、DR2203、DR2303、DR2404の4両でしょう。
キハ55みたいな姿は、後に何度か行われた車体更新によるもので、なんと元を辿れば戦前のガソリンカー(!)にまで遡るそうです。
これらの車両群、実は台湾へ行く数週間前にツイッターで台東駅の様子が投稿されて知ったんですが、グーグルマップで見る限りでは、少なくともこの青いディーゼルカーたちは2015年12月からここに留置されていたようですね。
前回は他の車両の陰になっていたのか、全然気が付かなかったですなぁ…。


夢中で撮影していると、普快車が回送されてきました。
帰りはあれに乗るのですが、その前に一旦改札を出て食料を調達しましょう。


待合室では犬が気持ち良さそうに寝ていましたw
台東駅、相変わらずのんびりしています。



というわけで普快車3672次。
順行の普快車に乗ったのは2011年3月以来、6年ぶりですね。
当時は1日2往復運行で、あの頃も同じような時間の列車に乗ったなぁと乗車記録を見てみると、今のダイヤより1時間ほど早く、列車番号も354次だったようで。
単純に朝台東を出て夕方戻ってくるスジを削減しただけかと思ったのですが、そうではないようです。



しかしまぁ普快車、いつ乗ってもいいですねぇ。
お客さんも殆ど乗っておらず、車両によっては1両まるまる貸切状態!


古荘を出ると中央山脈を抜ける長いトンネルへ。
ディーゼル機関車の、けたたましいエンジン音が車内に響き渡ります。


山間の枋野信号所ではDR2800と交換。


加祿駅。
1日2往復しか止まる列車がない駅ですが、ちゃんと駅員さんがいます。


そんなこんなで日も暮れて、枋寮着。
あっという間の2時間12分でした!

#5に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
旧客ここにあり!!
普快の青い旧型客車今でも走っているんですか?

さまざまな本や他の方々のブログを見て分かったのですが、台湾全体の中でもこの区間はおそらく一番閑散としたところなのでしょう。客車が貸し切り状態ということは。

それだと新型車両を入れる筋合いがないので、実質保存車扱いの旧客
で間に合わせているのでしょうか?それでしたら台鉄さんすごいですね。
復興号とかも、消える消えるといわれながら、文字通り『復興』しているし。
【2017/07/04 18:20】 URL | 粽大好き鉄道迷 #F/TrEqW. [ 編集]

Re: 旧客ここにあり!!
粽大好き鉄道迷さま
はじめまして!コメントありがとうございます。

はい、今も台東~枋寮間を毎日1往復しています。
置き換えようと思えば、高雄機廠に転がっている復興客車なんかを使えばできないことはなさそうなので「そのままでも特に問題ないから変えていない」という感じですかねw
お客さんは少ないのですが、ある時は車内に荷物が積まれていたり、またある時は回送車両を併結していたりと活用されています。

復興号も一度消滅した時期もありましたが、しぶとく残っていますよね。
日曜だけとは言え、最近は西部幹線でも復興号が復活しました~。
【2017/07/05 23:33】 URL | 三条イツキ #EVRdtjTk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1079-9c2c52c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)