>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

さよなら急行ツインズ
3月18日に能勢電でダイヤ改正が行われ、朝ラッシュ時上りのみ運転されていた「妙見急行」と「日生急行」が廃止となりました。゜。゜(ノД`)゜。゜。
ちょうどダイ改1ヶ月前の2月18日、一足先に撮り収めしてきました。


まずは日生急行を狙うため、山下駅2号線でスタンバイ。
すると朝晩限定の”矢印幕”ではない山下行きがやってきました。
4連の区間運転も、昼間は代走でないと見られませんね。


折り返し日生中央行きに。
この1700系、何か違和感を覚えたのですが…

は!?そういえばスカートが付いてますな。
ヘッドライトのLED化も全編成に波及しましたし、まだまだ使う気なのでしょうかw


今度は平野始発→山下止まりの列車が到着。
この列車、土曜日に1本のみ設定されていた珍運用だったのですが、今回の改正で廃止され、地味に下り列車の山下行きが消滅しています。
山下駅2号線へ、通常とは逆の川西能勢口方から入線するところがポイントでした。



そして日生急行!
土曜日の朝ラッシュ時に日生中央発の上り2本のみ運転、つまり1週間にたった2本しか走らない超レア種別でした。
この日は例のスカート付き1700系が充当され、貴重な組み合わせとなりました。



続いて4号線に妙見急行が到着。
こちらは妙見口発で、平日と土曜の朝ラッシュ時に上りのみ運行されていました。
5100系のフルカラーLEDに鮮やかな妙見急行の表示も、僅か2年足らずで見納めに…。


日生急行2本目は一の鳥居へ。
ところが…残念ながら里山便ラッピングに被られてしまいました(汗;


妙見急行2本目。
こちらは被りなく、車両も安定の1700系でした。


妙見急行と日生急行は双子のような列車でしたが、始発駅の他にもう一つ大きな違いがありました。
それは一の鳥居に停車するか否か
同じ急行でありながら、妙見急行は一の鳥居に停車、一方の日生急行は通過だったのです。
日生急行は阪急に直通こそしないものの、特急「日生エクスプレス」と同じ停車駅でした。

阪急車に負けじと走る小さな私鉄の優等列車、乗る機会はほとんどありませんでしたが、子供の頃から大好きな種別でした。
慣れ親しんだ名前が消えるのは寂しい限りですね…。
なお能勢電の車両による優等列車は、こいつがいるので一応残りますw
でもそれじゃあロマンがないんですよ!
関連記事
スポンサーサイト

近畿地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/03/19(日) 23:51 ]

<<今年のSLフェスタは凄かった #2 | ホーム | 今年のSLフェスタは凄かった #1>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1074-dd5a4ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ