> 私鉄屋雑記帳 01系中野検車区へ帰らぬ旅
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01系中野検車区へ帰らぬ旅
今日は01系による団臨が上野検車区→中野検車区で運転されるということで、四ツ谷で撮影してきました。


10:38頃、花束を乗せた01系が、ゆっくりと通過して行きました。


駅舎の窓辺には01系を見送る駅員さんの姿も。
回送表示、装飾なし、いつもの検査入場と変わらない姿でしたが、これを以て全ての01系が銀座線を去ったことになります。

***

今日は以上の2枚だけ撮って帰ってきたので、これまでに撮影した01系の写真のなかから、未掲載だったものをアップしたいと思います。


上野検車区で休む01系。
1000系は2012年4月11日にデビューしたので、両車が混在していた期間は約5年でした。



銀色の車体にブラックフェイス。
銀座線のレトロなホームで見る01系は、今でも新しい電車というイメージだったのですが…。


このマップ式の路線図も見納め。



今年1月1日から2月24日まで、01-130編成に実施された「くまモンラッピング」
熊電のものとほぼ同じデザインになっています。
ちなみに、この編成が今日まで残っていた最後の1本でした。


銀座線の撮影地と言えば渋谷です。


東急百貨店の東館3階に設けられていたアーチ状の入口が特徴的でしたが、


2013年3月31日に東館の営業が終了、その後解体が始まり…


レールの移設工事なども行われ印象が大きく変わりました。


この工事が完成すると、渋谷駅自体が浅草方へ移設される予定なので、こんな風に青空の下で撮ることができるのも今のうちでしょうね。


刻一刻と変化する渋谷の街。


銀色の電車が去った今日は、一つの節目でした。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1071-90d75c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。