>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

消え行く烏山線のキハを撮る
今年ももうすぐダイヤ改正の季節がやって来ますね。
JRは、ここのところ新幹線開通→平行在来線の3セク化だったり、伝統あるネームドトレインの廃止、みたいな流れが恒例でしたが、今回はあまり大きな動きはなく、一番の見どころが恐らく可部線の延伸だろう、という非常に地味ぃな感じになっていますwww
そんななかで、おや!?となったのが、烏山線の全車両ACCUM(アキュム)化
そういえばアキュムデビュー前に軽く撮って以来だなぁ、というわけで先日、友人と久しぶりに烏山線へ行ってきました。



まずは朝の3連、324Dを下野花岡~宝積寺で撮影。
宇都宮方からキハ40-1007(ツートン)+キハ40-1005(タラコ)+キハ40-1001(烏山色)の3色団子ですw
321D~324Dの1ヤマが3連なんですが、321Dは宝積寺5:35発で下りの1番列車、その折り返し324Dも烏山6:35発とかなり早い時間に設定されているので、今の季節は324Dを宇都宮寄りで狙わないと露出が稼げません…。
しかもこの日は低い雲がかかっていて、太陽が顔を出す前に通過してしまいましたorz
ただ日曜でも増結があるのは嬉しいですね。


続いて325Dは、キハ40-1009(烏山色)+キハ40-1004(タラコ)の2連。
この光線で3連も撮りたかった…。


大金~鴻野山へ移動して327D。
今朝の3連から烏山色を切り離し、国鉄色コンビになって帰ってきました。


328D。
このあと、すぐ近くで野焼きが始まりました。
一歩遅かったら危なかったなぁ、と思いながら次の撮影地へ移動すると…道中のあちこちでガスバーナーを持った皆さんが、畑を焼きまくってるではありませんか!
大金、小塙、滝、行けども行けどもそこらじゅう煙で真っ白…( ゚д゚)ポカーン…
視界は悪いわ煙いわで、撮影どころではありません(汗;
巡回している消防車と何台もすれ違ったので、恐らく地域(?)で野焼きをしてもいい日が決まっていて、たまたま今日がその日だったのでしょう…。


仕方がないので烏山駅へ。
市街地なら大丈夫だろうと思ったのですが、まぁ多少マシっていう程度ですかね。
せっかく晴れて来たのに、まるで黄砂でも飛んでいるかのような状態です…。



充電設備とキハ40。
15年前、初めて烏山線に乗ったときは2面2線、駅舎も木造でしたが、今ではお洒落な駅に様変わりしました。


滝駅前の築堤で1329M
本来はアキュムの運用ですが、検査のため2月頃まで大宮に入場しているそうで、キハ40が代走していました。

さて、このあとは2時間ほど列車が来ないので、このタイミングで昼食にしました。
煙に霞む烏山の町を眺めながら、もう今日は烏山線を捨てて真岡鉄道にでも行ってしまおうか、なんて言いながら食事を済ませて、でも諦め切れずに少し沿線をうろうろしてみると…なんと!野焼きフィーバーが!!終わっている!!!
まだ少し煤が降ってきたりしますが、とりあえず視界は澄んできました。
そこで沿線一番のハイライト、龍門の滝へ行ってみると、


はい、今朝の悪夢がまるで嘘のよう!
うっすらとまで架かっています♪


お次は小塙~滝にある森田踏切へ。
ここも午前中は絶望的だった場所です。




森田踏切の付近をうろうろしながら、335Dまで撮影しました。
枯れた冬の里山に、国鉄型キハが映えますね♪
こんなところを、普段だったら銀色の”電車”がパンタをたたんで走っているんだよな…うーん、それはそれで見てみたいかも(^-^;
キハと並ぶ姿も撮りたいし、ダイヤ改正前にもう一度行きたいですなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/02/04(土) 23:37 ]

<<宇都宮の古いバスたち | ホーム | 楽園の黄色い電車>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1061-e7efcbab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ