> 私鉄屋雑記帳 じっくり香港鉄#3 ~地下鉄観塘線を撮る~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



じっくり香港鉄#3 ~地下鉄観塘線を撮る~
#2の続きです。
多くの駅でフルスクリーン式のホームドアが設置されている香港の地下鉄。
なんとか車両を撮れるところは無いかなぁと、いろいろググっていると、ありがたいことに(?)地上駅のホームドアは背が低いタイプになっているとのこと。
特に観塘線の九龍湾駅と、その周辺に良い感じの撮影ポイントが点在しているようなので行ってみました。


まずは九龍湾駅ホームから。
やっとこさ御尊顔を拝むことができましたー。
観塘線には2形式の車両が走っていて、こいつは開業当初から走っているメトロキャメル製電車(M-Train)、VVVF車が大半を占める香港の地下鉄で、唯一の電機子チョッパ車です。
車体は更新工事が行われたので近代的な姿ですが、どこか落ち着いた雰囲気がありますね。


でもって、こちらが新型車両の中国北車製電車(C-Train)
パっと見は綺麗なんですけど、よくよく見ると造りが安っぽいです…(-_-;


2016年10月23日に油麻地~黄埔間が開通したので、以前の油麻地行きはなくなり、黄埔行きと、その一つ手前の何文田行きが交互にやって来るようになりました。
これは新しくできた黄埔駅が1面1線しかない為、本数が多い平日のラッシュ時と土休日の日中は、約半数の列車が何文田駅で折り返しているそうです。


また2016年12月28日には、これまで鉄道が無かった香港島南部へ行く南港島線も開業しました。
が、こちらはタッチの差で間に合わず、今回は乗れず仕舞い…orz


改札を出て、今度は駅北側の歩道橋から撮影。
ここの写真は中文版ウィキペディアの観塘線の記事に載っていたんですが…あれ?ちょっと微妙だぞ。
以前は手前の木が植えられていなくて、もう少しすっきりと撮れたようです。


さらに先へ進んで、彩徳ショッピングセンターの上階から俯瞰撮影!
九龍湾駅と、その西側に広がる車庫が一望できます。
車庫の上には巨大な団地、香港版高島平って感じですねw


望遠でC-Train。
立体的な街並みが、香港らしくてカッコイイですなぁ。


九龍湾駅を発車するM-Train。

#4へ続きます。(準備中)
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1056-f7a75c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)