> 私鉄屋雑記帳 じっくり香港鉄#2 ~相方の居ないPP列車~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



じっくり香港鉄#2 ~相方の居ないPP列車~
#1の続きです。
ホンハム駅の到着時刻を過ぎた頃、ようやく遠くに赤い機関車が見えてきました。
と同時に、反対方向からも列車の気配!あかん被られる…かと思いきや、


なんと反対側も直通車!!!
ホンハム12:23発の広州東行きZ814次で、こちらは定刻です。
偶然とはいえ、まさか直通車同士の並びが撮れるとは…!


しかもKttは超のろのろ運転だったので、広州東行きが上手いこと抜けてくれましたー。

で…あれ?このKtt、なんか変じゃね??



後ろの機関車どこいったwww

本来はプッシュプル式のKtt、途中で故障でもしたのかなぁ?と、この時は思ったのですが、実は港鉄のツイッターによると、機関車が1台定期検査中だったそうでw
kttはこの1編成しかないので、片方の機関車が入場している11月30日~12月20日の間は、もう片方の1台が頑張って牽引しているんですね。


続いてホンハム13:01着のZ97次が来ました。



北京西-九龍

このZ97次は「京九直通車」という長距離列車で、北京西駅から遥々24時間!かけて香港へとやってきました。
こちらはほぼ定刻、優秀です。
※「九龍」はホンハム駅の旧称、エアポートエクスプレスの九龍駅とは別なので紛らわしいです…


終点ホンハムまでラストスパート!
東鉄線へ乗り入れる長距離列車は、他にも上海発着の「滬九直通車」があり、北京便と隔日で運転されています。


そして最後は、粉嶺駅の南側にある跨線橋へ移動。



暫くすると広州東発のZ817次が通過。



PPじゃないKttも戻って来ました。
この時点で既に遅れ気味…でしたが、まぁとりあえず運休にならないところはPPの長所ですね。
珍しいものが撮れてラッキーでしたー。


ぼちぼち手前の影がウザくなって来たので、これにて撤収!

#3に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1050-33df0019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)