>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

続・台湾で鉄路迷2016 #7 ~三貂嶺トンネル前~
#6の続きです。
雨が止んだので、少しラッチの外へ出てみましょう。


これが三貂嶺の駅前ですwww
駅舎の写真を撮ろうと思ったのですが、駅前の道が狭すぎて正面から撮れませんでした(左の建物が駅舎の一部です)


そして、こちらが駅前の一等地(笑)
アーティスティックに朽ちた、素敵な廃墟が並んでいます。


線路際の小道を歩いていると、台北方面からEMU500がやってきました。


駅から約5分、素掘りのような狭い地下道を潜った先に、有名な撮影ポイントがあります。
トンネルを出て基隆河を渡る鉄橋のアウトカーブ、ちょうど振り子式の太魯閣号が駆け抜けて行きました。
駅近でこのロケーションは素晴らしいのですが、今日は川向こうに置かれている黄色い重機が少し気になりますね…。




続いて台北方面から、手動扉の客車を連ねたキョ光号が現れました。
相変わらずドア全開ですなぁ。
雨が降ってきたら大変?いやいや、実は幌も日本のように密閉されるタイプではなく、大雨が降ると貫通路が滝のようになっていたりするので、そんなのはお構いなしです(福隆からの帰りに乗ったキョ光で体験w)



今度は反対方向からもキョ光号。
同じく手動扉のボロ客車ですが、逆行列車(反時計回り)の場合は貫通扉が付いていて、開放デッキにはなりません。


この場所は、宜蘭線と平渓線が八の字に分かれていく真ん中あたりなので、数歩移動すると平渓線も撮れます。


宜蘭線に戻って、今度はスネ夫の区間車。
この列車が去った後、件の重機が置いてある場所から工具を持った作業員の皆さんが、ぞろぞろと線路際の保線用通路を伝ってこちらへ歩いてきました。
どうやら、あの場所は三貂嶺駅のホームで行われている工事の資材置き場になっているようです。
駅から外界に繋がる道は、あのハイパー狭い路地しかないんで、川向こうで車両から降ろして、あとは人力で運ぶかしかないのでしょうね。
ちなみに駅から一番近い集落も川の対岸にあり、なんと地元の皆さんが駅に向かうときも、列車が来ないタイミングを見計らって通路伝いに川を渡っているそうです…。


平渓線へと転線するDR1000。


さて、そろそろ次の駅へ移動しましょうか。

#8に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

台湾 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/11/30(水) 22:12 ]

<<秋晴れの北関東、大当たりの一日 | ホーム | 続・台湾で鉄路迷2016 #6 ~三貂嶺駅~>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1044-5a10a5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ