> 私鉄屋雑記帳 続・台湾で鉄路迷2016 #2 ~レアな自強号~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



続・台湾で鉄路迷2016 #2 ~レアな自強号~
#1の続きです。


話が前後してしまいますが、初日は桃園空港から統聯バスの706路に乗って台鉄桃園駅へと出ました。
このクルマ、高鉄桃園駅へ行く便と共通運用なのか、車体の側面には「桃園機場⇔高鉄桃園站」と書かれているのですが、台鉄と高鉄の桃園駅は全然違う場所にあって、706路は経由すらしないので、ちょっと紛らわしいですね。
空港から台鉄の桃園へ出るような一見さんは、そうそういないと思いますがw
高鉄に乗り換えようとして間違えるパターンはありそうです。




高架化工事の下準備として、ホームが南寄りに移動した桃園駅。
これは今年4月に訪ねた時点で、既にそうなっていたので驚きはしなかったのですが、今回はなんと使われなくなった旧ホーム上でインドネシア文化展が行われていて、構内へ立入ることができました。
線路や架線が撤去された以外、ほぼ現役時代そのまんまで使ってしまうところが大胆でよろしい(笑)
そういえば、今は亡き林口線へ乗り換えるとき、このホームに降り立ったなぁ…。
まだ当時はどこへ行くか分からないバスなんか怖くて乗れず、帰りは桃園駅からタクシーを使って空港近くのホテルへ行ったっけw


そんな台湾沼にハマる前の頃を思い出しつつ、ふと隣の新ホームの方へ目をやると…おぉ!なんとEMU300型ではありませんか。
EMU300の運用は、朝に基隆から彰化まで下る109次と、夕方の折り返し130次(日曜は132次)の一往復だけだと思っていたのですが、毎週金曜と日曜のみ運転される七堵→斗南行き119次と、その折り返し126次もEMU300だったのですね。



浮洲で撮影した釣りかけ自強コンビ。
朝の台北口では109次の40分ほど前に、EMU1200型を使用した107次も運転されていて、効率よくレアな自強号を撮ることができました。
…が、残念ながら今月20日のダイヤ改正で、EMU1200は彰化~潮州間の運転に変更、北部には顔を出さなくなってしまったようです。


またディーゼルカーのDR2900型を使用した自強号も3往復運転されていました。
写真の407次は、台東発→樹林行きという全線で架線下を走るディーゼル列車です。


こちらは樹林発→花蓮経由→新左営行き416次。
台湾を約2/3周するロングラン運用でしたが、これも現行ダイヤでは花蓮で分断された模様…。


2日目の朝は、久しぶりにEMU1200型に乗りたくなったので、107次で台中へ。
朝食に駅弁が欲しかったのですが、まだ弁当屋は開いておらず…セブンイレブンで新国民弁当を調達しましたw
台鉄のに比べるとチープなんですけど、それでも美味いんですよねー。
コンビニ弁当でもバカにできないのが台湾です。


釣りかけの唸りを2時間ほど堪能して、大甲で下車。
107次は海線経由、台中は通りませんが…


大甲から区間車に乗り換え、向かった先は台中港
私が行きたかったのは、台中駅ではなく台中駅の方でした。

#3に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1036-105b92f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)