> 私鉄屋雑記帳 続・台湾で鉄路迷2016 #1 ~赤い区間車~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



続・台湾で鉄路迷2016 #1 ~赤い区間車~
またまた台湾へ行ってきました!まさかの今年2回目ですよw
今回は深夜早朝の飛行機をフル活用した3泊4日、桃園in桃園outで北部を中心にうろうろしてきました。
まずは京急とのコラボで実現した赤い区間車からアップしたいと思います。

桃園空港からバスで台鉄の桃園駅へ。
ダメ元で駅員さんに運用を聞いてみるも、わからないとのこと。
なので、とりあえず桃園→浮洲→八堵と移動して、ディーゼル自強や復興号などレアな列車を回収しながら、ラッピング車に遭遇しないかと目を光らせていると…ついに七堵で、順行で走る赤い電車を発見!
アプリで確認すると(台鐵e訂通めっちゃ便利です)定刻で走っている基隆行きと見て間違いなさそうだったので、安定の汐止で折り返しを狙うことにしました。


いやー、かっこいいですなぁ!!
今年の5月から運行が始まったEMU700の京急ラッピング車、前回はタッチの差で間に合わなかったんですよねー。
ラッピングは10月中旬までということで、今回の訪台はこれに合わせたといっても過言ではないですw


ワイパーカバーのスリットもシールで再現されています。

さて、せっかくなので、もう一発折り返しを撮れたりしないだろうか…と時刻表をめくると、台北から100kmほど先にある苗栗まで、だらだらと約3時間(!?)かけて走るようなので、この日は諦めました(-_-;



次に京急ラッピング車を撮影できたのは3日目の朝、釣りかけ自強号2連発を撮ろうと浮洲へ行った時でした。
途中から地元の鉄路迷さんが現れ、暫くすると京急ラッピングが降臨!
タイミングよく新幹線もアングルに入り、気分は品川、八ツ山橋です。
さらに、ご一緒した鉄路迷さんから、ラッピング車の今日一日の運用を教えて頂くことができました。
謝謝ですm(_ _)m


樹林で折り返し蘇澳行きになるということで八堵へ先回り、宜蘭線ホームから撮影して、


そのまま乗車することに成功しました。
車内は、特に京急の宣伝があるわけではないのですが…注目は座席モケットの色!
この青いモケットは京急ですね。
でもこれ、京急の座席の色を知っていて、なおかつ通常のEMU700の内装を知っていないと気付かないでしょうよw


安針塚三貂嶺で下車(笑)
ここで暫く他の列車を撮影した後、さらに先へ進んだ大里駅へ移動。
蘇澳からの折り返しは海バックで撮ろう…と考えたものの、天気が急変し土砂降りに(汗;


仕方なく帰りも乗車。



福隆で快特自強号の通過待ちw
この福隆という駅は駅弁で有名なのだそうで、駅弁売りがホームに居たのですが、京急車を撮っていたらいつの間にかどこかへ行ってしまいました。
そろそろお腹も空いてきたし、弁当ほしいなぁ…


駅舎で売ってないだろうかと途中下車すると、駅前は弁当屋だらけ。
時間帯が中途半端だっただけに駅近くの店はどこも売り切れでしたが、大通りへ出たところにある「上順福隆弁当」で無事にゲットできました。


パッケージの写真も復興号というのがまた渋い!
ちょうどいい時間にキョ光号があったので、車内で食べながら台北へと戻りました。

#2に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

どうもです!いつも台湾の記事楽しく拝見させて頂いております。おかげさまでパスポートを取ったら行きたい国ナンバー1は台湾ですw さてこちらの京急ですが前から見ると800形みたいですねw。
本家の京急も800のリバイバル塗装や1800形タイプの塗装かつ車端ボックス付の銀1000などなど楽しみですね!
【2016/10/18 20:36】 URL | たか #- [ 編集]

Re: タイトルなし
こんばんは~
コメントありがとうございますm(_ _)m

そう言って頂けると嬉しいです!
確かに台湾の京急700形は、正面にスリットこそ入っているものの、全体的には800や1500あたりをイメージした感じで、上手くまとまっていますよね。

久しぶりに本家も面白くなってきました。
2011Fはいつまでリバイバル塗装のままなのだろう?と思っていたのですが、きっと800形がリバイバルをやるまで、あえて残しておいたのでしょうねw
【2016/10/19 22:15】 URL | 三条イツキ #tD8q3MYs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1035-f5ae08c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)