> 私鉄屋雑記帳 多度津発→南栗橋行き、長距離客レ走る #1
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



多度津発→南栗橋行き、長距離客レ走る #1
東武のSL復活運転プロジェクトに向けて、JR四国の12系2両と14系4両が28日夜から丸1日かけて、熊谷ターミナルへと甲種輸送されました。
撮影プランは色々と考えたのですが、追っかけて枚数を稼ぎたいこと、予報によれば雨が降る可能性が高いこと、そしてあまり西の方まで遠出するとお財布が…というわけで、まずは静岡駅へ。


葵タワーと家紋を入れて”静岡らしさ”を出してみました。
しかしちょっと薄日が差してきてしまって、逆光気味に…(-_-;


その代わり、後追いは綺麗に撮れたのでヨシとしましょうかw
遠くに折り返しを待つ313系の姿も写り込んで、東海管内を走ったという記録にもなりました。
機関車を保有していないJR東海、まさかこんなカタチで白昼堂々、東海道線を客レが走ることになろうとは…。


後続列車に乗って、静岡貨物で追い抜き。
グレーの床下機器が、また在りし日のJR東海の客車を思い起こさせますねぇ。
それもそのはずで、実はこの14系客車たち、2005年に四国へ渡る前はJR東海のクルマでした。
今回の甲種輸送は、ただ単に珍しい列車というだけでなく、彼らにとっては11年ぶりの里帰りでもあったのです。


2発目は富士川で。
静岡ではネタの割にまったりしていたのですが、こちらは予想通りの激パっぷりでしたw
まぁEF65-2139に専用マークまで付けてしまいましたからね、こんな甲種、もう2度と無いでしょう。
2016年9月末に片道だけ走った瀬戸風甲種?いや、ムーンライト東武??奇跡が生んだ長距離客レとして、テツの間で末永く語り継がれるのではないかと思います。


最後に西湘貨物でバルブ。



JR四国では、2008年まで運転されていた「ムーンライト松山・高知」が主な活躍の場でした。
学生時代、四国へ渡るときに、それはもう何度もお世話になった列車で、いやー懐かしいですね。
そうそう、夜中の多度津では罐の付け替えがあって、こんな風にバルブしたよなぁ。
でもって当時からこんくらいボロかった(笑)


瀬戸風マーク、よーく見ると東武、JR四国、JR貨物、そして秩父鉄道のロゴも。
多くの会社の協力で実現した今回の甲種輸送、その壮大なスケールがヘッドマークにも刻まれていました。

#2に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1033-e85e53eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)