> 私鉄屋雑記帳 上越線115系とSLみなかみ号
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



上越線115系とSLみなかみ号
ついに置き換えが始まった高崎地区の115系。
何かのついでに撮ったり乗ったりすることは多かったのですが、そういえばしっかりと記録したことはないなぁ…というわけで思い立ったが吉日、数が減ってしまう前に行ってきました。


まずは八木原~渋川のストレートへ。
この日(9月24日)は「SLみなかみ号」の運転日だったので、蒸機の通過1時間くらい前に到着、すると早速115系が現れました~。
渋川までは吾妻線も乗り入れているので、この辺りなら普通列車だけでも1時間に2本程度走っています。


D51-498+12系5両、これも正統派の国鉄型ですね。
イベント列車にありがちな派手な装飾はなく、客車は原型に近い12系、そして後部に補機もない好ましい編成です。


今回はクルマ移動なので、渋川の停車時間中に追い抜き、岩本駅近くの撮影ポイントへ先回り。
暫くすると、蒸機の前に107系がやって来ました。
見た目は新しく見える107系も中身は直流急行型の年代物、こちらも置き換え対象になっています。


続いてSLみなかみ号…なんか、めっちゃ煙吐いてて最後尾が見えませんwww
大鉄や秩父はこんな爆煙にはならないんですけどねぇ。
こちらのSLは初めて撮ったので、上越線ではいつもこうなのか、機関士の差なのかはわかりませんが、いやぁカッコイイではありませんか!


気付いたら、水上の転車台まで追っかけてしまいましたw



ファンサービスでぐるぐる1回転半…が、どうも調子が悪いようで(?)何度か手押しで勢いを付けていました。


大勢のギャラリーに見守られながら、給水場所へ移動するD51-498。
転車台の周りは広場になっているのですが、観光案内のブースや子供向けのゲームコーナーもあったりして、ちょっとしたお祭りですね。


さて、珍しく蒸機ばかり撮ってしまいましたが、午後はメインの115系を撮りに行きましょう。


ちょうど水上駅に115系が停まっていたので、まずは出発シーンを12系と絡めて撮影しました。
まるで普通客レのように佇む国鉄色の12系と、115系の組み合わせ、堪りませんなぁ。
向かって右側3番線に、実は2両編成のステンレスお化けが入線しているんですが、そんなの問答無用で構図からカットです(笑)



続いて、友人が以前来たときに見つけた諏訪峡大橋からの俯瞰。
ここはバンジージャンプができる日本で唯一の橋だそうで、眺めは抜群です。
興味のある方はバンジーもどうぞ。私はやりませんw


お次は敷島~津久田で撮影。
津久田~岩本にある有名な棚下鉄橋の撮影ポイントへ行くつもりだったのですが、途中でこの場所を発見、数分後に上り列車が来るタイミングだったのでカメラを構えてみると、これがなかなか良い感じに撮れました。
アウトカーブなので、短編成でも迫力が出ますね。


でもって、その有名撮影地へ向かおうとしたら、なんと津久田から棚下不動へ抜ける県道が落石で通行止め…川向こうの国道を大きく迂回しなければたどり着けないことが判明したので、次点で鉄橋を俯瞰できる方の撮影地へ(汗;
しかし、どうも昼ごろから徐々に天気が悪くなり始め、露出は無いわ、6両編成だったので尻切れになるわで、結果はイマイチorz





棚下の鉄橋へたどり着いた時には、天候がさらに悪化。
雨こそ降っていないものの、霧が出てきてしまい視界が霞む霞む…。
もっと広角で撮れる場所へ移動しようにも、こんな時に限って上越線が遅延していて、いつ列車が現れるか分からず移動もできないというダメダメっぷり。
結局20分ほど遅れて蒸機が通過、そのすぐ続行で115系も通過して行きました。
今日は何だか仙人でも出てきそうな雰囲気ですが、ロケーション自体は凄くいいので、また晴れた日にリベンジしたいですね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1032-88fda2f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)