> 私鉄屋雑記帳 大雄山線で赤電復活! ~出場回送1日目~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



大雄山線で赤電復活! ~出場回送1日目~
今日は毎度お馴染み、いずっぱこ5000系の出場回送を撮ってきました。
まず大場工場を覗いてみると…


はい、今回は赤電なんです!


伊豆箱根鉄道では大雄山線の開業90周年を記念して、なんと5000系で唯一鋼製車体を持つトップナンバーの5001編成が、赤電塗装になっちゃいました~。



定番の大場~二日市にて。
同業者さんは通常時の2割増しくらいでしょうか?
台風が接近するなか、赤電の通過前後にはタイミングよく小降りになりました。


三島に到着した赤電一行。


いやぁ~渋カッコイイですなぁ!
5000系は登場時から1度も塗装を変更していないので、赤電塗装はなんちゃってなのですが、それほど違和感はありませんね。
なんと言っても、茶色い電機と最高にマッチしています♪


暫くすると授受線へ移動。
土砂降りの雨に打たれながら、JRの迎えを待ちます。

…お迎えが来るのは明日の朝なんですけどねw



それじゃあ、またね!と三島を後にする冷酷なED32号(笑)


さて赤電塗装になった5001編成は、果たして無事に大雄山までたどり着けるのか!?(^-^;


おまけ。
三島駅前で、東海バスの古そうなキュービックを発見しました。
そしてよく見ると行先表示に「おかげさまで100周年」の文字!
こういう表示が出来るのは、LEDならではですね。

出場甲種3日目も撮影しました。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1030-f3cc9aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)