> 私鉄屋雑記帳 トーマス人気に沸く大井川鉄道 #1
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



トーマス人気に沸く大井川鉄道 #1
一昨日は友人たちと大井川鉄道へ行ってきました。


と、その前に石橋鉄橋へ寄り道して、東京メトロ16000系の甲種を撮影♪
これで万六も29編成目、どんどん増殖していますなぁ…。
6000系の廃車も進み、田の字窓や、車体裾が長い6101Fは既に過去のものになっています。


今回はクルマ移動だったので、静岡市内から山道を通り一気に千頭までワープ。
千頭駅裏の駐車場から構内を眺めると、以前は廃車体だらけだった側線を、ちょこまかと可愛らしい機関車が行ったり来たりしていました。
2年前から行われている「きかんしゃトーマス」とのコラボ、最近は蒸機だけではなく、DLにも飛び火しているのですね。
コイツは川根両国で入換え用として活躍しているDB1形で、トーマスの世界に登場するラスティーというディーゼル機関車風に改装したものです。
作中でもエンドキャブ式の小さな機関車だそうで、まさにDB1にピッタリな役!なのですが、


DB1改めラスティー君は無動力でして、実際は後ろのDD20形が牽引していましたw
まぁこの辺は大人の事情ですかねー。


千頭駅の近くに、こんな超絶怪しい窓配置をしたエアロスターが止まっていましたwww
ググってみると元の事業者は都営バスで、譲渡に際して四枚折戸の中扉を埋めた結果、こんな姿になったのだそうですが…どうしてこうなった。


SL急行1本目の1003レは、トーマス号(C11-227)でした。
こんなのお子ちゃま向けだ!と悪態を付いて、これまでスルーして来た三条でしたが、いやーまぁ実車を見てしまったら、これはこれでいいんじゃない?と気が変わっちゃいました(笑)
やっぱり元がホンモノなので、迫力が違いますね。




千頭到着後、暫くすると入換えが始まりました。
まずはトーマスが逆を向いたまま金谷方へ、客車を移動させるようですが、本線を塞いでしまうので、先に普通電車の到着を待ちます。


普通電車は南海ズームカーでした。
何か表情が変わったなぁと思ったら、ヘッドマークが新しいものに交換されたんですね。
以前は六角形のところに行先が書かれていて、新金谷止まりでも「金谷⇔千頭」表示のままでしたが、数年前のダイヤ改正で家山行きが出来たので、さすがにそのままじゃマズいってなったのでしょうか(^-^;


続いてトーマスが出て来ました~。
この”後ろ姿”は入換えでしか見られませんね。


客車を1番線へ転線させた後、転車台へ。
間近で見学できるスペースには溢れんばかりの人人人!!
ここ最近はSL急行の低迷で懐事情が厳しいと言われているだけに、このトーマス人気を見ていると嬉しい限りですね。



そして、いいなぁーと思ったのが、この組み合わせ。
トーマスに合わせてオレンジ色に塗り替えられた旧客は、それほどケバケバしいものではなく、適度に落ち着いた色合いなので、むしろ何だか朱色1号のゲタ電みたいで渋カッコイイんですよ!


SL急行2本目の101レ。
今度はC11-190にぶどう色の旧客という、正しき国鉄の蒸気編成です。


↑の場所からダッシュして跨線橋へ。
実は1本目のトーマスのとき、友人が同じようにダッシュして後追いをゲットしていたので、その手があったか!というわけで真似してみましたw


この時代に旧客の列車が2本並ぶ、というのも何とも贅沢な光景ですなぁ。

#2へ続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1019-ee3d5027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)