>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

消えゆく西鉄8000形
こないだ久々にマジかよ!?ってなる記事を見つけてしまいました。



「原色(赤白塗装)の8000形は7月10日を以って運行終了」
(ソースは西鉄公式FB)

6編成いた8000形のうち、既に8031F、8041Fの2本は廃車に、3本はそれぞれ「旅人」「水都」「明治日本の産業革命遺産」のラッピング車となった結果、原色で残る編成は8021Fのみになっていたとか。゜。゜(ノД`)゜。゜。
いやご存知の方からすれば、何を今さらという感じでしょうけど、情弱な三条は廃車が出ていたことすら知らなかったので、それはもう驚きました…。
というか、置き換え計画自体は2015年3月5日付けの新聞記事に載っていたんですね。


というわけで、まだ掲載していなかった西鉄の写真をアップしたいと思います。
これは去年、貝塚線の313形を撮影したついでに大牟田線へ行った時のもの…なので、まだ置き換えが発表される前のことです。
いやはや、こういうのは撮っておくもんですねー。

どーでもいいですが、これを撮る直前、誤って標準レンズを鞄からコンクリの地面に落とす、という大失態を犯していまして、お亡くなりになったレンズを片手に、テンションだだ下がりのなか撮影した写真となります…(-_-;
55mm以上の望遠レンズしか使えない縛りで、良さげな撮影ポイントを探したところ、辿り着いたのは雑餉隈~井尻にある小さな踏切でした。


5000形の急行小郡行き。
大牟田線系統では最古参ですが、まだまだ優等列車でも活躍しています。


続いて、最新鋭の3000形。
撮影当時、日中の花畑急行は3000形ばかりで、このあと小一時間で同じ種別、同じ行先の写真が3枚も撮れてしまいましたw
現在は、8000形に代わって3000形が日中の特急運用に投入されているそうで、コイツが実質的に8000形の後継車なのだとか。
こんな安っぽいクルマが西鉄の看板列車だなんて、なんと夢がない!と思ったのですが、ふと他の大手私鉄を見渡すと、阪急とか名鉄とか、同じように3扉へシフトした会社がたくさん…。
うーん、やっぱり特別料金無しの2扉優等列車って無理があるのかなぁ。
3000形も見た目はアレですが、車内は一応転クロで最低限のサービスは維持されてますもんねー。


こちらは6000形の…普通大宰府行き!
天神から二日市でスイッチバックして、大宰府へ直通する普通列車なんてあるんですね。
特に狙っていたワケでは無いんですが、平日3本、土休日2本のみのレアな列車のようです。


そしてこの日のお目当てだった、8000形「旅人」が来ましたー。
日中は太宰府線を行ったり来たりしている「旅人」ですが、朝の1本目だけは天神まで顔を出します。


反対方向からも8000形が…って普通!? 
送り込みの関係でしょうか、随分とゴージャスな普通列車ですw


また随分と派手な8000形も現れましたwww
2014年12月1日から約4カ月間行われた「妖怪ウォッチ」のラッピング車です。
このあと大牟田へ行くときコイツに当たったのですが、車内もキャラクターが散りばめられていて賑やかでしたよ(^-^;


5000形の普通小郡行き。
なんと特急よりも長い7両編成です。
途中の津古、三沢ではホームが5両分しか無い為、ドアカットが行われます。


6050形、普通筑紫行き。
6000形のVVVFバージョンで平成生まれなんですが、前面窓のHゴムは灰色で、妙にレトロかっこいいです。


そしてオリジナル塗装の8000形!
このときは、まさか1年ちょっとで見られなくなるとは思いもしませんでした…。
平成元年生まれ、まだまだ新しく見える8000形ですが、連日の特急運用で、車齢以上に老朽化しているのだとか。


大橋へ移動して少し駅撮り。
なーんだ、また3000形かよと思ったのですが…なんと前パン!
こいつ行先表示も幕だし、そんな言うほど悪いクルマでもないかなーという気がしてきました。単純…w


でも、やっぱり西鉄と言えば、この非対称顔ですね!
初めのうちは変わったデザインだなーと思っていましたが、見慣れて来るとカッコイイです。


せっかくなので「旅人」へ乗りに太宰府線へ。


車内は編成中程にカウンターが設けられた以外、基本的にオリジナルのままです。



二日市から僅か5分で終点の大宰府に到着しました。
太宰府線は総延長2.4km、この間を行ったり来たりするだけというのも何か勿体無い気もしますが、特急運用に疲れた8000形にとっては、この程度がちょうど良いのかもしれません。



少し遡って…上2枚は2007年12月、廃止まで残り数ヶ月となっていた島原鉄道南目線へ行くため、大牟田から島鉄フェリーへ乗る前に、軽く駅撮りしたときの写真です。
花畑での今は亡き2000形との新旧特急車同士の並びと、大善寺の緩急接続。
撮影当時、いずれは8000形も3扉に改造されて余生を過ごすことになるのかなぁ、なんて思ったものですが…。
関連記事
スポンサーサイト

西鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/07/15(金) 19:39 ]

<<トーマス人気に沸く大井川鉄道 #1 | ホーム | 台湾で鉄路迷2016 #9 ~彰化扇形車庫~>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1018-6e19b6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ