> 私鉄屋雑記帳 485系A1A2最後?の首都圏巡業
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



485系A1A2最後?の首都圏巡業
5月28、29日の2日間、横浜開港157周年を記念したイベント「Y157」開催に伴い、首都圏各地を485系の団臨列車が駆け巡りました。



まずは28日(土)の運転分から。
この日は石川町から根岸線、東海道線を経由し根府川へ、折り返しは東海道貨物線羽沢、新鶴見、高島線で石川町へ戻ってくるというダイヤでした。
そのマニアックなルートももちろんですが、一番の注目は何と言っても国鉄色を纏った485系、仙センのA1A2編成を使用したことでしょう!
同編成は今月19日を以って引退する予定で、今回が最後の上京になると言われていただけに沿線はどこも激パ…こういうイベント列車を撮影したのは久しぶりだったこともあり、思わず圧倒されてしまいました(^-^;
国鉄型の集客力恐るべし。





続いて29日(日)は、石川町から高島線、武蔵野貨物線、南武線で立川へ抜け八王子へ、折り返し中央線、湘南新宿ラインで都内にも顔を出し横須賀、また折り返して大船から根岸線へ入り石川町に戻るダイヤでした。
京急の鉄道フェスタへ行くついでだったので、小倉陸橋と長浦付近で撮影しましたが、やはり有名どころは満員御礼。
そして昔を知る皆さんは、こんなイベント幕じゃなくて、今月中旬に東北で運転されるリバイバルシリーズへ参戦されるのでしょうか、どの撮影地でも年齢層が平均してかなり若いなぁと感じました。
君たち、北陸本線や東北本線が485系だらけだった時代を知らんでしょ?(笑)



などと偉そうなこと言ってますが、かくいう私も全盛期は知らない世代なので(おいwww
国鉄色の485系と聞くと、「雷鳥」や「いなほ」「ムーンライトえちご」あたりを思い出しますね。


そうそう西のボンネットが「能登」で上京、間合いで「ホームライナー鴻巣」なんてのもありました。
今にして思えば、ライナーでボンネットに乗れてしまうだなんて夢のような話ですが、これ、廃止になったのが2010年3月のダイヤ改正ですから、つい6年前のことだったりします…。

ところでA1A2編成、国鉄色に戻る前は「あかべぇ」塗装だったのですね。
あーそういえば、いつだったか郡山でバルブしたよなぁ、とフォルダを漁ると…


あった!ありましたよ!!
2010年4月4日、AIZUマウントエクスプレスを撮影しに行った帰りに撮っていました。
国鉄型の特急車って自分のなかではウェイトが低く、あまり真剣に記録して来なかったのですが、こういう何気ないシーンを発掘すると、やっぱり撮っておくものだなーと思いますね。


また485系といえば「ニューなのはな」も今年8月に引退するそうです。
ジョイフルトレインとなると、さらに撮影頻度が低いのですがw
以前、鉄分無しで鋸山へ登ったとき、偶然山頂から撮れた写真がありました。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1010-331a78f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)