> 私鉄屋雑記帳 台湾で鉄路迷2016 #4 ~佳冬駅付近で撮り鉄する~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



台湾で鉄路迷2016 #4 ~佳冬駅付近で撮り鉄する~
#3の続きです。


佳冬という小さな駅で下車。
近くに撮影できそうな場所を見つけたので、ここでPP区間車を沿線撮りしようというわけです。


撮影ポイントは右上の道路と交差している辺り…って、この地図、何やら物騒なことが書かれてますね(((( ;゚Д゚)))ガクブル
台鉄のローカルな駅には、まだまだこれが残っています。
そして今回の旅行中に、偶然にも日本では絶対に体験できない”ある出来事”に遭遇するのですが、それはまた後ほど。


駅から徒歩10分くらいで踏切が見えて来ました。
見つけたポイントはもう少し先なのですが、ここでも充分撮れるなぁ…ここでいいや…というか蒸し暑さMAXで、一旦休憩しないとブッ倒れそうw
佳冬なんて名前ですが季節は春、気温的には真夏です。


暫くするとキョ光52次がやってきました。
こいつ、花蓮から時計回り(順行)で台北まで、10時間以上かけて回る長距離列車だったりします。


さっき林邊ですれ違ったDR2900の区間車が戻って来ました。
自強号では最低2ユニット以上繋いでいるので、単独で走っている姿は違和感ありますね。


そしてお待ちかねのPP区間車は…なんと副本線側に入ってしまったので、一番肝心な後ろの機関車がポイントを抜け切れず、隠れてしまいました。゜。゜(ノД`)゜。゜。
そうだ、台鉄は双単線だから、どっちのホームからでも発車できてしまうんだった…。
これじゃあただの復興号ぢゃねーかチクショー!!!

やっぱこの場所はダメだ、というわけで少し先へ移動しました。


おお、思っていた以上にいい感じ!
しかし次の列車は復興783次、逆行につき逆光(笑)
しかもこいつはホンモノの復興号なのでPPでもなく、順光側は電源車なのです。


自強314次。
車両は、ディーゼル自強号では一番新しいDR3100形です。
支線で活躍しているDR1000と同じ顔ですが、やっぱり9両も繋がっていると迫力が違いますね。


今度こそPP区間車!


これまた順光側は後追いになってしまうんですが、まぁPPなんで、ぱっと見わからないからヨシとしましょうw
それにしても復興号客車の前後にディーゼル機関車だなんて、面白い編成が出現したもんです。


DR2900の区間車。
この時間帯は1編成が行ったり来たりしているんですね。
そろそろラッピングじゃなくて標準塗装のクルマも撮りたいところ…。


次の自強416次も先頭1ユニットがラッピング車…(-_-;


ズームしてみるとかなりボロボロ。
前回来たときにも見た覚えがありますが、いつ頃から貼りっ放しなんでしょうか。
とりあえずディーゼルカーに白系のラッピングはアカンと思いますw


復興784次。
783次~784次は潮州~枋寮間を1往復するだけ、というミニ復興号です。
平日のみ運転となっているので、学生の帰宅列車なのでしょうね。
10年くらい前まで、樽見鉄道でも14系客車を使った通学列車が走っていたことを思い出しました(撮影しようとしたら休校日でレールバス代走だったという苦い思い出も…)


走り去る姿もまたカッコイイんですよ!
蒲鉾屋根に開放デッキ、復興客車って世代的には日本の14系とか50系あたりになるのですが、この後ろ姿は旧客そっくり。
もし日本の客車が史実とは違う方向に進化していたら…という感じですね。
風景も、東大垣~横屋が、こんなんじゃなかったでしたっけ(笑)
どこか日本の片田舎のようで、一瞬海外にいることを忘れてしまいます。


さて、そろそろ高雄に戻りましょうか。
潮州行きは暫く無いので、一旦逆方向の列車に乗って、


2つ先の枋寮で下車。
自強号を捕まえるついでに、台鉄が誇るガチの旧客、普快車も撮影できました。
明日は、この普快車をメインに撮影しますよ!

#5に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/1000-6cb2ae23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)