FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

デゴイチが黒貨車を牽く
10月26日は、真岡のSLキューロク館で行われた「D51146号貨車連結走行」イベントに参加してきました。


下館で降りると、さっそくSLもおか号の回送列車が入線してきました。
蒸機よりもディーゼル派なので、国鉄色+灰色HゴムのDE10-1535の方が気になりますw


それと50系客車も。
地味ですが、現存する車両のなかでは一番オリジナルに近い姿をしていて、とても貴重なのです。


真岡のイベント会場へ。
おお!2軸貨車を2両牽いたD51が停車していますね。
このD51-146号機は圧縮空気で動く仕組みになっていて、SLキューロク館の駐車場に敷かれたレールの上を走ることができます。


注目は何と言っても貨車の方ですよ!


うーん、カッコイイですねぇ。
広い敷地に参加者も程よい人数で、様々な角度からストレスなく撮れます。



貨車はワ12形ワ11号とワフ15形ワフ16号の2両。
どちらも戦前生まれの2軸貨車ですが、ワフ16の方は後に鋼体化されていて近代的な装いです。


実演走行は時間を分けて4回行われました。
走行区間は数百メートルと短いものの、やはり「生きている」車両はいいですね。


また49671号機も圧縮空気で走ることができ、こちらはヨ8593を牽引してD51の貨物列車と共演しました。


ただしこういう配置なので、編成を組むと不格好ですがw


キハ20-247と、変な色をしたDE10-1014。
もともと大阪貨物ターミナルの入換用だったそうで、確かにあちらのデーテンは今もこんな塗り分け…ですが、色は紺に黄色のラインです。
こいつは保存車ではなく部品取り用らしいので、余っているペンキで適当に塗ったのでしょうか。



本線を挟んで向こう側にも怪しい保存?放置?車両が。
トラ70000のあおり戸は外れ、ヨ5000の天井は抜けていたりと荒れ放題です…。



そんなボロボロな車両たちも、動態保存のワ11+ワフ16と絡めれば活気のある絵が撮れます。
気分は黒貨車で賑わう国鉄のヤードです。


黒貨車たちと戯れていたら、気が付けば午後になっていました。
西側から順光カットを撮って撤収。


せっかくなので、沿線に出てモオカ14形も撮りましょう。


SLもおか号。
長らくC12-66号機とC11-325号機の2台体制でしたが、C11の方は維持が困難なことから、近いうち東武へ譲渡されることになりました。
寂しくなる一方、ほぼ原形を保っているDE10と50系客車がいますからね、楽しみですねwww


とはいえ今でもSLの返却回送を兼ねた6103レという、オイシイ列車が走っています。
最後尾にぶら下がっているC12を隠してやれば、まるでDE10牽引の鈍行客レのよう。
車内もガラガラだったので、今度はゼヒ乗ってみたいですね。
スポンサーサイト



真岡鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/10/28(月) 00:27 ]

最後の赤い相鉄車両
台風が直撃し大荒れだった先週の3連休。
鉄道の日ということで各地で予定されていたイベントも軒並み中止となるなか、幸い大きな被害がなかった相鉄では、7000系・12000系撮影会が予定通り開催されました。


ただ残念ながら台風一過で快晴!とはならず。
雨模様の相模大塚に降り立つと、側線に7000系、12000系と20000系も並んでいました。


まずは駅前の跨線橋から俯瞰で一枚。


15分ほど並んで会場内へ。
海老名方は上手い具合に跨線橋の下から撮ることになるので、カメラを濡らさずに撮れますね。


ふと本線の方を見ると新7000系の特急が通過。
運用を辿ると夕方は特急湘南台行きになるようなので、帰りに回収しましょう。


横浜方にはLast Runマークが!


暫くすると付け替えが行われ…


2011年8月頃に掲出されていたプラレール発売記念マークになりました!
方向幕も急行海老名に。


続いて2016年のいずみ野線40周年記念マーク。
7000系といずみ野線はほぼ同い年だったんですね。


ここで雨が強くなってきたので7000系の車内へ。
見学できるのは3~7号車までだったのですが、こんな風に貫通扉のガラス越しに無人の車内を撮ることもできました。


そして案の定、自動窓で遊ばれていましたwww


30分ほど雨宿りして降りると、今度はマークなしの状態に。


外されたヘッドマークたち。


ちなみに12000系の表示も特急新宿に変更されていました。
赤い相鉄と都心直通列車、同時に存在することはなかった幻の並びです。



相模大塚駅前に停まっていた旧塗装の相鉄バス。
新塗装も徐々に増えてきていますが、色がころころ変わる電車とは対照的ですね。


こちらももう先は長くないと言われている新7000ですが、ダイヤ改正に備えて方向幕が交換されました。
新設される通特や通急、羽沢横浜国大などが収録された他、各停が黒地のものに変更されて特急登場以前のデザインに逆戻りしています。



星川で撮影。
カメラを向けている人は少なかったですが、特急湘南台行きもあと1ヶ月ちょっとで見納めです。
相鉄 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/10/18(金) 23:08 ]

三交色と京急色と
こちらの続きです。
翌朝は北勢線を撮りに穴太~東員へ。


いきなり本命のK77編成(クモハ277+サハ201+サハ101+クハ202)が来ました!
こいつ前回撮ったときは、検査時期の都合で200形3両だけ先にリバイバルカラー化して、混色編成になっていたんですよね(まぁ、あえてそれを狙って撮ったわけですがw)
その後クモハ277形も塗り替えられて出揃ったのですが、塗装は揃っても、タタン・タタン・タタン・タタンタタン・タタンという調子の外れたジョイント音は相変わらずですw


次はK73編成(クモハ273+サハ142+サハ136+クハ141)。
こちらはボギー車で揃ってはいるものの、車体寸法や窓割りなどが4両ともばらっばら…。


K72編成(クモハ272+サハ147+172)。
三重交通由来の11メートル車、サイドから撮ると短さが際立ちますね。


K77が戻って来ました。
平成生まれのクモハ277、ちょっと三重交通色は無理してる感もありますが(笑)
こういう田園風景をコトコト走る姿は、黄色よりも渋いツートンカラーの方が圧倒的に画になります。


桑名に戻ると、ちょうど良い位置に三重交通の7Eが停まっていました。
このシャープなデザイン、カッコイイですよね。


ツーステ車がよく似合う、一昔前のバスターミナルな桑名駅前。
現在駅舎の建て替え工事が行われていて、この辺の風景も近いうちに変わってしまうようです。


続いて養老鉄道へ。
ここ最近は大垣方で撮ることが多く、桑名から乗るのは久しぶりです。


養老で7700系と交換!
赤帯のままのTQ03編成、これはもう違和感を通り越して合成写真ですね。


”お目当ての編成”は揖斐線を走っているそうなので、大垣で揖斐行きに乗り換え。
さらに北へと進みます。


美濃本郷~揖斐間の撮影ポイントへ。
まずは、ここまで乗ってきたハローキティラッピングのD01編成が戻ってきて…、



お目当て登場!
京急と設立者が同じということで、なんと養老鉄道全通100周年を機にD04編成が京急塗装になってしまいましたwww


今度は緑帯のTQ06編成がやって来ました。
揖斐線、日中は2編成が交互なのですが、ときどき大垣で車交されることもありますね。


というわけでTQ06に乗って東赤坂へ移動。
東急と京急の並び、これで7700系が赤帯のTQ03編成だったら、より「蒲蒲連絡線が開通した世界線」という感じになったんですがwww


折り返しはホーム揖斐方で面縦。
それにしても元近鉄車に京急塗装、車体が丸っこいせいか意外としっくり来るんですよね。
前から見れば間延びした700形?
側面から見ればドア数の多い1500形??


9月30日まで限定で掲出されたヘッドマーク。
車番がスリット風になっています。


最後に室へ。
ほら、この木造上屋の小さな駅なんて一昔前の大師線ではありませんか!?



なんちゃって複線(実際は双単線)を走れば、気分は多摩川線、大師線ですw
養老方面の運用に入ったら、西大垣付近で工場をバックに撮るのも似合うでしょうね。


全通100周年記念マークを付けたD24編成を撮って〆。

東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/10/13(日) 21:15 ]

過渡期の和歌山線を撮る #2
こちらの続きです。


次は隅田で下車。
日中この駅で交換する列車が多く、降りたらタイミングよく新旧並びが撮れました。


駅の東側にあるアーチ橋へ。
比較的新しい感じのコンクリート橋ですが、特徴的なデザインをしていて以前から気になっていた場所でした。

ところで、この列車も時刻表を見ると隅田で交換なのですが…あることに気がついて駅の方へ猛ダッシュしました。
その”あること”とは、




常磐顔同士が並ぶ!!!!!

はい、105系自体の数が減ってしまった今、もう撮れないだろうと思っていただけに感無量ですね。


さらに1時間ほど待って、もう1本撮影。
今度は縦構図で。


そして交換。
またまた新旧並びが撮れました。


アーチ橋のすぐ近くに、こんな廃トンネルを発見しました。
軽くググってみると、この辺は1952年に小規模な線路移設が行われていて、そのとき廃止になった「和歌山線唯一のトンネル」だそうです。
そういえば和歌山線って、沿線は割と起伏があるのにトンネルは一つもないですよね。
また新線がトンネルになるケースはよくありますが、その逆というのも珍しいのではないでしょうか。


再び列車に乗り、今度は吉野口で下車。
この駅はJRと近鉄の共同使用駅で、日中は各方面と接続するように上手くダイヤが組まれていて、こんな風に4本の列車が1時間に1回、勢揃いします。
それにしても”高齢車”ばかりですねwww


せっかくなので近鉄も撮りましょう。


青の交響曲!
これ、タネ車は6200系なんですよね…。


吉野線で橿原神宮前へ。
橿原線に乗り換えると、ホーム奥の留置線にスナックカーが待機していました。


そろそろ暗くなってきたので、大和八木で軽くバルブ。
すると、方向幕がACEの発生品になったことで話題のN54編成がやってきました。
種別も行先も赤地で、くどいですねw
またサイズも一回り小さいので、まわりを黒い枠で囲う処理がされています。
12200系は新塗装化対象外ということで、今後の動向が気になるところです。



こちらも話題の鮮魚列車。
数日前からク2782の方向幕が故障している為、難波方のみカン付きで運転されています。


青山峠を越えて三重県へ。
今晩は桑名でマルヨ予定でしたが、ちょうど次の三岐線が3連ということで、リバイバル車に賭けて近鉄富田で下車。
やって来たのは西武イエローの805Fでした。

こちらの記事に続きます。
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/10/12(土) 21:27 ]

過渡期の和歌山線を撮る #1
こちらの続きです。
四日市から和歌山へ移動してマルヨ。
今回のメインは、9月末で引退することになった105系4扉車の撮影でした。


約9ヶ月ぶりの和歌山駅。
おぉーさっそく105系と227系が並んでいますね。
今年の3月から順次置き換えが進められており、既に和歌山~和歌山市間では全列車が227系で運転されています。


乗車する430Mも227系になっていました。
前回は117系だった運用です。


前方では105系が待機中。
このあと到着する1423Mと増結し、折り返し432Mになります。
飯田線から119系が引退するときもそうでしたが、こんな風に増結が絡む運用はだいたい置き換えが後回しになりますねw


車内に入ると新車の匂いが漂っていました。
和歌山線では2020年春から全線でICカードの利用が可能となる予定で、ドア付近にはカードリーダーも準備されています。
当初、そのICカードに関するリリースに「2020年春に全車両置き換え完了予定」と出ていたので、まぁ早くても今年の冬ぐらいまでは残るのだろうと呑気に構えていたら、実際は思っていたよりもハイペースで焦りました…。


紀伊小倉で下車、駅東側の撮影ポイントへ。
線路際に彼岸花も咲いていて良い感じです。
まずは1425M、こちらも前回は117系の運用でした。



続いて105系4連の432M!
ありがたいことに今回も常磐顔先頭でしたー。


平日限定の快速4427M。
この列車は五条→粉河まで4両編成なのですが、粉河で後ろ2両を切り離し、快速運転となる粉河→和歌山間では2両に減車されるという珍しい運転形態になっています。


後ろは何故か行先表示がない「快速」単独幕でした。


粉河で切り放された相方は、普通列車1427Mに化けて続行運転されます。


2本目の快速、4431M。
こちらは途中で切り離しはなく、始発駅の五条からずっと2連です。


そして434M。
若干ミスってピン甘になってしまいましたが、まぁパンダ顔先頭なので…。

さて、これで朝のネタ列車も一段落…というわけで、少し移動しましょうか。



15分ほど歩いて、船戸~岩出間の紀ノ川橋梁へ。
レトロなトラス橋は昭和5年に完成したものだそうです。



紀ノ川を渡って岩出側の堤防から撮影。
この時間帯は105と227がほぼ交互にやって来ました。



岩出駅で新旧交換。
こうして並んで気が付いたのですが、105と227では幌の位置が前後逆なのですね。

こちらの記事に続きます。
JR西日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/10/06(日) 23:45 ]

変わりゆくベイエリアの鉄道 #3
#2の続きです。


サンフランシスコ湾の西側と東側に向かう路線が分岐する、ちょっとした要衝になっているサンタクララ駅。
現在は無人駅ですが、かつて使われていた駅舎や客車、信号扱所が構内に保存されています。


そんなわけで、カルトレインだけでなくイーストベイ方面からやってくるアムトラック(Amtrak)、アルタモント・コミューター・エクスプレス(Altamont Commuter Express)の車両も見ることができます。


まずはアムトラックから。
サンノゼ、オークランド(Oakland)、サクラメント(Sacramento)など州内の都市間を結ぶキャピトル・コリドー号(Capitol Corridor)が、平日、土休日ともに1日7往復停車します。


機関車は新旧2種類。
F59型(右)から、シーメンス製の新型機関車チャージャー(Charger)への置き換えが進んでいます。


この機関車、ひたすらゴツいアメ車と比べるとスマートで、アムトラックらしからぬ雰囲気ですねw



客車はカリフォルニア・カーと呼ばれる2階建て車両がメイン。
改良型のサーフライナー向け客車や、ときどき長距離列車から払い下げられたスーパーライナーIも混ざっていたりします。
以前は標準色の星条旗カラーのまま走っていたこともありましたが、現在はカリフォルニア色で統一されているようです。



またシアトルとロサンゼルスを結ぶコースト・スターライト号(Coast Starlight)も同じ線路を走っています。
この手の長距離列車は遅れるのが常なので、まぁ撮れたらいいなー程度の気持ちでいたら、定刻より2時間ほど遅れて通過して行きました(笑)


ストックトン(Stockton)~サンノゼ(San Jose)を結ぶアルタモント・コミューター・エクスプレス。
その名のとおり通勤に特化した鉄道で、平日朝にサンノゼ行き4本、夕方にストックトン行き4本のみ運転という変則的なダイヤになっています。



車両はF40型機関車にボンバルディアのバイレベル客車の1種類のみですが、機関車に関してはアムトラックと同じチャージャーを4台導入する予定だそうです。
それを見越してなのかどうかはわかりませんが、1両だけ新塗装と思われる色違いの客車と遭遇しました。


ふと発車案内を見たら都市鉄道顔負けの超過密ダイヤになっていましたw
ランダムダイヤなので局地的ですが、これを2面3線で捌いているのは凄いですね。
しかも図体のデカい列車ばかりですし…。



また1本だけですが貨物列車も見かけました。
機関車重連+有蓋車を中心に12両、アメリカにしては短い編成ですw

#4に続きます(準備中)
アメリカ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/10/05(土) 23:58 ]


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania